ヴァニラ・スポーツ VOL. 01

HAPPENING

現代のコミュニケーションリアリティをテーマに、サウンド、ビジュアル、身体、テクノロジーを融合した空間表現を行うパフォーマンスユニット「Sal vanilla」が、六本木にある「SUPER DELUXE」というカフェ、バー、ギャラリーが融合した多目的スペースを舞台に、古代のコロッセオから着想を得たというアートコラボレーションイベント「Vanilla sports Vol.1」をプレゼンテーション。「Salvanilla」のメンバーをはじめ、様々な分野で活動するアーチスト達がサウンド、ビジュアル、身体を駆使したパフォーマンスを行った。


比較的広めのスペースには真っ白な平均台が設置され今日の舞台装置としての存在をアピールしている。イベントの始まりは、サイン波の様な音響っぽいサウンドが、「ピコーン、ピコーン」と人の少ない会場を鳴り続け、静かだがイベントとしてのスタートを印象づけ、松本充明によるストイックなサウンド・パフォーマンスへと繋がっていった。

そして、「cotra nitra」によるライブ・パフォーマンス「コトラニトラ”」。パイプを使用した3人の人物による躍動感があり、一種神経症的なパフォーマンスが、松本充明によって催眠状態に陥れられていた脳を一気に覚醒の場へとシフトする。

次に、この二組のパフォーマンスにより少し歪められた、六本木の地下空間の壁に投影された映像は、未来的な白いスーツを着た「Sal vanilla」が、都市を舞台にパフォーマンスをするオーディオ・ビジュアル・ライブ。心地よいサウンドを担当するのは、Klomaのグラフィックを使用したコンセプチャルで良質なテクノミュージックをリリースする新鋭レーベル「WC-RECORDINGS」から近日アルバムをリリースするという「Yuta kumachi」。最近流行のクリックハウスっぽい要素にセンスの良いハットの動きと、小気味よくカットアップされた映像が、少しディープ目になっていた会場を少しずつナイスなグルーヴへ変化させた。

そしてその後に、衝撃的なパフォーマンスを行ったのは、ターンテーブリストの真鍋大度。ターンテーブルをインターフェースとして、Max/Msp/Jitterでプログラミングされた音と映像がカオティックに会場を覆いつくす。最終的には嵐のような振動と高周波でライブパフォーマンスを終えた。その振動は体の芯に、しばらく留まり続けるほど強烈に残響した。

二つのオーディオ・ビジュアルパフォーマンスを挟んで、イベントの始まりからずっと静かな存在感を示していた、白い平均台を使った「Sal vanilla」による「interval」のライブショー。演者5人と平均台そして壁に一面に投影された映像とスピーカーから流れるサウンドは、ショーが進むにつれいつしか一体となり空間自体を変容させていった。昨年行われた「Inter/Action」との共通点を見出せるが、「SUPER DELUXE」という空間の特性を生かした舞台装置と観客との距離間が、ビジュアルの演出と演者とサウンドがコミュニケーションすることを別の形で体験することができ、「Vanilla sports」というイベントの特性を一番良く理解できるものだった。

全体的に非常に内容の濃いプログラムで、統一性を欠いた統一性という奇妙な印象と、現代芸術、クラブカルチャー、テクノロジー、パフォーミングアートなどが境界線もわからないほど、凝縮されたこのイベントはまさに東京という都市を象徴しているようで、現在進行しているメディア・アートの一つの可能性を前進させていくエネルギーを感じた。
Vo.02となる次のイベントは、6月30日にもあり、今後の展開も見逃せない。

VANILLA SPORTS VOL.01
日時:2005年5月13日 19:00〜24:00
会場:SUPER DELUXE
参加アーティスト:コトラニトラ”、SAL VANILLA、松本充明、真鍋大度
料金:2500円/1ドリンク付 (前売り/当日共)
問い合わせ:ヴァニラ・フィッシュ(03-3710-5344)
info@salvanilla.com
http://www.salvanilla.com/vs/

Text: Yasuharu Motomiya
Photos: Photoperformer Pas

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE