スーパーマリオ・ムービー

HAPPENING

あなたは、「アステリックスとオベリクスの冒険」を覚えているだろうか?体は小さいけれど賢いアステリクスと巨漢で力持ちだけれどあまり賢くないオベリクスが繰り広げるドタバタ喜劇…と書くと、マリオの冒険を連想するかもしれない。そう、現在「Deitch Projects」でスーパーマリオ・ムービーが上映中なのだ。

このプロジェクトは、コリー・アーケンジェル(Beige Record)とアーティストコレクティブのペーパー・ラッドとの最新コラボレーション。 彼らはファミコンなどのひと昔前の技術を利用した作品で、メディアアート界で知られている人達。

映画自体は、超現実的はトリッピーなストーリーで、「Mushroom Kingdom」でのレイブのVJセットを思わせた。筆者はさほど面白みを感じなかったのだが…

でも、これは決して普通の映画ではない。 どこを探しても、同じような映画もDVDも見つからないだろう。映画は、ギャラリー内に、ファミコンのカートリッジで積み上げた27フィートにもなる壁に映し出されていた。

いつも何か新しいものは、郷愁を喚起する捨てさられた過去の技術から生まれるものだ。 しかしながら、経験は8ビットのメモリーの寄せ集めのように、実際はかなり違いがある。 郷愁の旅行にでかけたいなら、スタートボタンを押してみよう。

Super Mario Movie
会期:2005年1月15日〜2月26日
会場:Deitch Projects
住所:76 Grand, New York, NY 10013
TEL:212-343-7300
email@deitch.com
http://www.deitch.com

Text and Photos: Carlos J. Gomez de Llarena from Med44
Translation: Ayako Yamamoto

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE