ELAM ファインアート・スクール

PLACE


今回はオークランド大学の美大であるイーラム校を紹介したい。イーラム校はニュージーランドの美大の中でもっとも歴史があり、南半球でもトップレベルの美大とされている。また、これまでにニュージーランドやアメリカで活躍するアーティストを多数輩出し、講師たちも生徒を教えながらベニス・ビアンナーレなどをはじめとする展示会で活躍をしているようだ。コンセプチュアルなコンテンポラリーアートでは定評のある学校で学士、修士、博士号のコースが用意されている。

学部は、絵画、造形、写真、デザイン、インターメディア、プリントメイキング、そしてテ・ト・ホウというパシフィックアーツやマオリアートを基とする学課で構成されている。

毎年11月、一年間の終わりに各学年の展示会が行われ一般に公開されている。ギャラリーオーナーなど、数多く訪れる。今年もレベルの高い作品が展示されていた。

鉄板を溶接して波のような形状に作られたティム・ラッシュの卒業作品。スカルプチャとともにインスタレーションとしても成功していると思う。

こちらは小さな机の上に電気時計仕掛けのちいさなオブジェクトが多数。独特な世界だ。ビッキー・サベージ作。

このエリザベス・ボロウズの作品は絵画科で展示されていた。この学校ではメディアムの自由な解釈が求められており、絵画科でもこのような作品を制作している。

これは造形科の卒業生サイモン・デニーの写真作品。オークランド近郊のダムなど、シリーズすべてをお見せできないのが残念だ。

イーラム校にはいままでに日本からの留学生が毎年数人来ているようだ。興味のある方はウェブサイトにアクセスしてほしい。


ELAM School of Fine Arts

住所:The University of Auckland, Private Bag 92019, Auckland
TEL:09 373 7599 ext. 88000
info-finearts@auckland.ac.nz
http://www.elam.auckland.ac.nz

Text: Kentaro Yamada

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE