ザ・ビッグ・ドロー

HAPPENING


ロンドンに来たことのある人なら一度は訪れる、トラファルガー広場。ネルソン提督像がそびえ、鳩とライオン像で世界的に有名なこの場所が昨年7月、大規模な工事を経て、遊歩道化した。以来、ロンドン市長が音頭をとり、音楽やストリートパフォーマンスなど、様々な文化イベントが催され、いままで以上に人があつまるホットスポットとして賑わいをみせるようになった。

7月から3ヵ月間、「トラファルガー広場夏2004」と題して20以上の無料イベントが行なわれた。そのトリを飾ったのが、9月26日の「ビッグ・ドロー」開催記念行事。今年で開催5年目を迎えるこのイベントは、「誰にでも絵が描ける」をモットーに、「上手く描かなきゃ」という思い込みや不安を取り払い、描くことが観察力、伝達力、発明する力を育み、なによりも喜びになることを広めるのが目的だ。

昼頃広場につくと、ライオン像のふもとに三角屋根のテントが立ち並び、A6版のスケッチパッドと鉛筆を無料配付していた。内側の壁には「顔を描こう」「広場の様子を描こう」「お面をつくろう」など与えられたテーマで制作したクレヨン画や鉛筆画が、たくさん張り出されていた。

注目を浴びたのが、「ウォッツ・フォー・ディナー?」。紙皿や紙製のテーブルクロスに参加者(主に子供たち)が自分たちの一番好きな食事をフェルトペンやクレヨンで描き、世界一長いディナーテーブルをつくるもの。傍ではプロのイラストレーターたちが2人ずつリレー式に、大きな紙に即興で描いていた。描き終わると紙が右方向へ巻かれ、同時に左側から白い紙が出てくる。下絵を丁寧に鉛筆で描く人もいれば、フェルトペンでいきなり描き出す人もいた。

60年代後半、ビートルズの「サージェント・ペッパー」のアルバムデザインを手掛けたピーター・ブレイク(右奥)はフィッシュ&チップスを描いた。そのうち子供たちにキャンバスを乗っ取られ、即席サイン会が始まってしまった。彼と組んだS・ウェイ氏は、天使たちが野菜サラダなど健康的なものを、赤い身体の悪魔たちがバーガーなど身体に悪いものに手をのばしている様子をユーモラスに描いた。

風刺漫画家のジェラルド・スカーフは、ブッシュ大統領とブレア首相をそれぞれサルとプードルに似せて描き、大人たちに受けていた。いきなりブッシュザルの眼からサラサラッとはじめ、後から手の形や細かいディテールを描き込んでいく鮮やかなテクニックに見る方も思わず集中した。

BBCの生放送が予定されており、TV向けのイベントもあった。レンブラントの自画像をテーマに、参加者が壁に直に、またはキャンバス板にその場で自画像を描き、作品を張りだし順に壁を埋めていく。年令が上の子供たちから大人まで(!)人気があり、常に多くの人が参加を待って列をつくっていた。

最近のイギリスの学校教育は、主要教科に比べクリエイティブな科目の比重が低いという。その反動なのか、この日のイベントに参加した子供たちは夢中になって絵を描いていた。これを皮切りに、全国各地の70以上の学校や博物館、図書館、病院、市役所などで10月中、1000以上の関連イベントが行なわれる。詳細はウェブサイトにて。

The Big Draw Launch
会期:2004年9月26日 10:30〜20:00
会場:Trafalgar Square, London
http://www.thebigdraw.org.uk

Text and Photos: Sari Uchida

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
アレックス・ヴェルヘスト
MoMA STORE