ベイビーツ 2004

HAPPENING


インディーズ音楽とパンクロックが、しだいにローカル音楽シーンでその地位を築き始めている。デビュー作品「タイム・オブ・リバース」をリリースしたローカルバンド「オブザバトリー」などが人気を高め、これを後押ししている。さらにストリート・カルチャーやそれを取り巻くものの人気が成長するにつれ、今年で3回目を数えるインディーズ/パンクロックのイベント「ベイビーツ2004」は、そんな音楽を楽しむプラットフォームを提供している。エスプランデにある「シアターズ・バイ・ザ・ベイ」という絶好のロケーションで開催し、今年のベイビーツはアーティストを国外からも招き、街に旋風を巻き起こした。

出演バンドのラインアップは、シンガポールの「フォース・ボミット」、「バーティカル・ラッシュ」、「オブザバトリー」、「アナログガール」など。ベイビーツの良さは、国外のアーティストも招きその幅を広げているところだ。今年も例外ではなく、マレーシアから「ラブミー・バッジ」や「アロエ・イン・ボトル」、オーストラリアから「スーパーマーケット・ヒーロー」と「ブルーライン・メディック」、ノルウェーから「ケネス・イシャック」、スウェーデンから「ラストデイズ・オブ・エイプリル」が参加した。オールスタンディングのアリーナステージでは、ファンは熱狂し、チルアウトステージではビートが緩やかに波打ち、ミュージシャンが見えないくらいぎゅうぎゅう詰めになっていた。

今年のベイビーツは、音とビジュアルの両方に力を入れていた。地下鉄の駅から会場までの通路で行われたエキシビジョン「RAIN OR SHINE」は、ブライアン・ラシッチの写真でロック音楽の歴史を振り返るというものだ。彼の作品はこれまでローリングストーンやプレイボーイ、ヴォーグでフィーチャーされてきた。今回のエキシビジョンは、彼の作品とそこに込められた彼の想いを伝える展覧会となっている。

その他には、コンコースでエレクトロニカのショーケースもあり、テクノロジーが音に新しいビートを加え盛り上げた。ラップトップなどの機材を装備した「Circadian」や「A’n」などが、その独特な音とビートで空間を包んだ。

今年の入場者数は明らかに昨年の1万3千人を超えただろう。ベイビーツは、潮の香りのする風、周りには高層ビル、打ち寄せる波は音楽にかき消される、という思いもよらない環境で開催される、海のそばの音楽イベントだ。

BAYBEATS 2004
会期:2004年7月16日〜18日
会場:Esplanade, Theatres by the Bay
http://www.baybeats.net

Text: Fann ZJ from npsea Enterprise
Photos: Sin
Translation: Naoko Fukushi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE