稲葉英樹「NEWLINE」展

HAPPENING

自由な発想と感覚で生み出す、美しいグラフィックデザインや、動的なエディトリアルデザイン、グラフィック的なフォント。先月のシフトのカバーデザインも手掛けてくれたグラフィックデザイナー、稲葉英樹氏。シフトと稲葉氏の深厚は厚く、シフトのあちこちで彼のフォントは使われており、「NEWLINE」という両者のコラボレーション・プロジェクトでは、広告のビジュアルやプロダクトなど、柔軟に幅広く手掛けており、シフトファクトリーではTシャツもプロデュースしている。そんなNEWLINEがこれまで手掛けてきたプロジェクトを一挙に集めて展示するエキシビジョンが、6月に札幌「ソーソーカフェ」で開かれた。展覧会初日となる6月18日の金曜日には、稲葉氏本人が来札し、アートパフォーマンスを繰り広げた。


会場の演出で、まず驚いたのが、真っ赤な照明。なぜ赤か?稲葉氏は北海道から発信する「E2Oプロジェクト」の第一弾として、トマトジュースのパッケージデザインを手掛けているのだが、それが関係しているのかもしれない。会場ではそのトマトジュースを使ったカクテル、レッドアイも特別にメニューに登場していた。さらに、NEWLINEと「BEAMS T」のコラボレーションで生まれた今展覧会限定のオリジナルTシャツも展示・販売された。

会場となったソーソーカフェは道路に面してガラス窓があるのだが、そこに白い半透明のスクリーンが掛けられ、これもまた赤の「バースト・ヘルベチカ」というタイポグラフィの映像が流されていた。窓ガラスに掛けられているので、外を歩く通行人も映像を見る事ができるのだが、赤いタイポグラフィとゆらゆら揺れる赤い映像が、人の覗きたい好奇心を掻き立てた。

そんな赤い空間の中、稲葉氏がマックとプリンタという作業空間をカフェのまんなかに構え、幅4メートル高さ2.5メートルの真っ白な壁にライブで作品をのせていく。ソ−ソカフェでのオープニングイベントでは、アーチストが自らその場で何かを作りあげるというパフォーマンスを数多く見せてくれているが、今回のようなスタイルはかなり特異と言えるのではないだろうか。

稲葉氏がその場でタイポグラフィを組み上げ、プリントアウトして、壁に留めていく。プリンターを使ったパフォーマンスというのは、見たことがあるだろうか?「グラフィックのようなタイポグラフィ」という表現を冒頭で使ったが、この作品もまさにそうで、壁を埋めていく素材はすべて「文字」の要素であるにもかかわらず、一枚ずつ留められて大きくなっていくそれは、「絵的」だった。

ニューウェーブや、エレクトロを中心とした音楽と共に時間は心地よく流れ、本人はレッドアイを傍らに黙々と作業を続け、見ている側もゆったりと白い壁に生まれでてくる作品を眺めながら、時を楽しんでいたように思う。会場を見渡して、気になったことが1つ。赤い服を着ている人が妙に多い。というのも、この展覧会のフライヤーには「赤い服を身につけて来場されると楽しみが増えるかも。 」などと意味深な言葉が書き添えられていたのだ。

最初は、会場が赤い照明で染められるからそれだけのことかと思いきや、作品制作も後半にさしかかった頃、稲葉氏がおもむろに何種類かのポスターを広げ、赤い服を来た人達にプレゼントした。主催者側である私さえ知らされていなく、びっくりでうれしいハプニングだった。

東京「ロケット」ではまた、札幌とは違う展示内容で7月16日からスタートする。そこでは何が行われるのだろうか?ぜひ足を運んで、稲葉英樹の空間を楽しんでほしい。

稲葉英樹/NEWLINE展 札幌
会期:2004年6月18日(金)〜30日(水)
会場:SOSO CAFE (ソーソー・カフェ)
住所:札幌市中央区南1西13 三誠ビル1F
TEL:011-280-2240
営業時間:11:00〜21:00

稲葉英樹/NEWLINE展 東京
会期:2004年7月16日(金)〜21日(水)
会場:ROCKET(ロケット)
住所:東京都港区北青山3-7-9
TEL:03-3499-8782

協力:BEAMS TE2O、PRND、SAL magazineWeb Designing株式会社プリズム

Text: Naoko Fukushi
Photos: Shinichi Ishikawa

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE