NIKE 公式オンラインストア

RES 10

HAPPENING


数週間前、「招待客のみ」というメールが送られてきた。デジタル・フィルムメイキング・マガジン「RES」からだった。今では、「RES」はデザイナーやインデンペンデントなフィルムメーカー達の中で良く知られている名前だ。何年もの間、「RES」はデジタルフィルムフェスティバル「RESFEST」を成功させており、ローカルをベースに始まったこのフェスティバルは、今はロサンゼルス、ニューヨーク、サンフランシスコから東京、メルボルン、ケープタウンへと世界ツアーをするまでになった。

数年前に、「RES」はマガジンの中で「RES 10」という特集を始めた。それは「RES」が12か月以内に活躍を遂げると信じる10組のアーチストグループを選ぶ特集で、私がメンバーの1人でもある「トロニック・スタジオ」も、昨年の「RES10」に選ばれた。

最近、RES10のセレクションは、フィルムメーカーやデザイナーだけでなくイラストレーターやグラフィティやインスタレーションのアーチストも含み、そのジャンルの幅を広げている。

私が受け取った「招待客のみ」というメールは、ニューヨークのアート・ディレクターズ・クラブでRES主催で開かれるパーティーのものだった。このイベントは、今年の「RES10」を発表するもので、会場にはたくさんのデザイナー、フィルムメーカー、ミュージシャンなどが集まり、盛り上がった。今年のセレクションは、良い意味でだが、意外だった。10組のアーチストの中で、ほとんど半分はすでに知っていたり、聞きたことのあるアーチストが選ばれていた。もうご存じの方もいるとは思うが、そのアーチスト達をご紹介しよう。

ルーベン・フライシャー、クンツ & マグワイア、PLEIX、デイビッド・エリス、マシュー・ディア、モーション・セオリー、コジーダン、アンテナ、エレン・アリー

この中で私が一番好きなのは、バーンストーマーズの中心的人物である、SKWERMことデイビッド・エリスだ。 彼が昨年のリストに入っていなかったのが不思議だ。その時はすでに過去数年にわたって、メディアから注目されていたのだ。おそらく彼の作品で最も知られているのは、2002年のナイキ・プレストのキャンペーンだろう。それは、バーンストーマーズのメンバー達がグラフィティを描いていく様子を撮影したコマーシャルで、その作品とナイキとがどう関係あるのかと首をかしげる人も多かったが、作品自体は新鮮でクールなものだった。

私が初めてバーンストーマーズの作品を見たのは、バーンストーマーズのメンバーの1人をボーイフレンドに持つ同僚を通じてだった。ある日、彼女は、「乾燥したペンキを見る」というタイトルがついた“動いている”絵のビデオを持って来た。アイデアはとてもシンプルだったが、とても引き込まれるものがあった。様々なグラフィティアーチストが、お互いの作品の上にまたグラフィティをしていく様子を映したもので、カメラは天井に付けられており、アーチスト達は床で作業をしている。カメラは完全に固定されており、動いているのはアーチストと彼らの描く作品だけだ。この作品は、完成形というものはなく、その過程自体が作品なのだ。従来の感覚では、これはフィルム作品として考えられないかもしれないが、何が“フィルム”あるいは“ペインティング”なのかという、新しい視点を提示している。

「RES10」には、今後もこのようなアーチストをフィーチャ−し続けていってほしいと思う。

RES 10 EXHIBIT + PARTY
日時:2004年4月30日
会場:アート・ディレクターズ・クラブ
住所:106 West 39th Street, New York City
res10NYC@res.com
http://www.res.com

Text: Rei Inamoto from Tronic Studio
Translation: Naoko Fukushi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
ステファン・マークス
MoMA STORE