紙の彫刻展

HAPPENING


どのくらいパンフレットは、実際の展覧会を表現できるだろうか?「紙の彫刻展」はニューヨークのスカルプチャーセンターで始まり、訪れた人たちは、29人のアーチストによってデザインされた彫刻の素材を切り取り、集め、作品に加えていき、それがそのまま保存されるという参加型の展覧会だ。

一緒についてくる冊子は、展覧会に参加するための素材になっているが、家で、学校で、友達と切り取り、組み立てて遊ぶ事もできる。

参加アーチストは、イー・ヴィー・デイ、スペンサー・フィンチ、レイチェル・ハリソン、ヘレン・ミラ、デイビッド・シュリングレイ、サラ・スツェ、フレッド・トマセリ、クリス・ウェア、オーラブ・ウェストファレン。

この展覧会は、キャビネット・マガジンの主催で、スカルプチャーセンター、インデペンデント・キュレーターズ・インターナショナルとのコラボレーションで開催されている。キューレーションは、メアリー・ケルティ、マット・フリ=ドマン、シナ・ナジャフィ。「紙の彫刻展」は現在、ノースカロライナにある現代美術サウスイースタン・センター、カンザスにある、サリーナ・アートセンター、テネシーのアメリカ芸術ハンター美術館でも開催中。

The Paper Sculpture Show
日時:2004年1月13日〜2月28日
会場:Gallery 400, University of Illinois at Chicago
住所:1240 W. Harrison Street, Chicago, IL USA
TEL:+1 312 996 6114
http://www.uic.edu/aa/college/gallery400/

Text: Matt Smith from Clean Magazine
Images: courtesy of Gallery 400, University of Illinois at Chicago & Cabinet Magazine
Translation: Naoko Fukushi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE