ピクセルガーテン

PEOPLE

SHIFT2004カレンダーコンペティションで500を超える応募作品の中から選ばれたアーチストの1人、ピクセルガーテンことカトリン・アルテンブラント。ドイツで、自身のプロジェクトを中心に活動しているフリーランスデザイナーだ。独自のタッチで詳細に描かれるイラストは、独特の世界観を持っている。


まずはじめに自己紹介をお願いします。

カトリン・アルテンブラント。25歳です。ドイツに住んでいます。99年から、ドイツのホッフシューレ・フュア・ゲシュタルタン・オッフェンバッヒで、ビジュアルコミュニケーション(フリーデザイン)を勉強しています。専攻は「エクスペリメンタル空間コンセプト」です。フリーランスでイラストレーションとグラフィックデザインもしています。

現在の主な活動内容について教えてください。

アーチストとして、主に自分自身のプロジェクトで活動しています。特定のメディアには縛られていません。グラフィックの仕事もしており、現在は、恋人のグラフィックデザイナーと一緒に仕事をしています。また、最近「ニッポン・コネクション」という、日本映画のフェスティバルのデザインを別のメンバーで手掛けました。
また、ちょうど今、フォントも手掛けているところです。このプロジェクトは私の大学のもので、「タステン」といいます。このプロジェクトで生み出されたフォントは、フォントの中に文字がなくてもいいなど、普通のものとはまったく異なっています。

自身のウェブサイトを紹介してください。

私のウェブサイト「ピクセルガーテン」は、オンラインのポートフォリオです。コンセプトはコンピュータープログラムのように見せること。これからもっとインタラクティブなサイトにしたいと思っていますが、その前にアクションスクリプトをもっと勉強しなくてはいけません。(フラッシュは私の事があまり好きではないみたいです。)
作った当初のコンセプトは、サイトを見にきた人が自分達で手入れをする植物などを取り除いたり、植えたりできるようなものにしたいというものでした。そこから、「ピクセル・ガーテン」という名前が生まれました。このサイトで公開しているのは、ほとんどが個人的なプロジェクトです。まだ、グラフィックの仕事で作ったものは載せていません。

SHIFT2004カレンダーコンペティションで、作品が選ばれましたが、その作品について伺います。その作品はシリーズの一部ということですが、その作品についてと、シリーズのコンセプトはどのようなものなのでしょう?

あの作品のタイトルは、「私たちは庭で出会った。」です。作品中の庭にあるのは実在しない植物です。それらの植物は3Dですが、それは注意深く見てみないと気付きません。そしてよく見ると、一見、植物に見えるこの植物に小さな違和感を抱くでしょう。
シリーズでは、それぞれ別の庭で、それぞれ異なるユニフォームを着た女の人がいます。その女の人達は人工的に見えますが、本物です。元になった写真はとても大きくて、ほとんど白に近い淡いグレーの輪郭です。シリーズの絵をもういちど近づいてじっくり見てみてください。そこに隠された小さなストーリーが見つけられるはずです。

どのようなものからインスピレーションを得ますか?

いろいろなもの、どんなものでもインスピレーションのもとになります。音楽を聞いたり、道を歩きながら何かを観察している時などです。私の住んでいる街には、異なる様々な文化がミックスしていて、おかしなものがたくさんあります。また、他の国へ旅行することが好きなのですが、そこからもインスピレーションを得ます。特にアジアは好きです。東京に一度行ったことがあるのですが、素晴らしかったです。東京はとても刺激的です!私の作品のコンピューターゲームの中にも、東京で受けた影響が表れていると思います。

最近ドイツでは、面白い動きはありますか?

小さなことがたくさん起こってはいますが、「動き」と呼べるようなものは、今はないと思います。その中でも今、最も文化的な事が生まれている場所はベルリンだと思います。

今回、手掛けていただいたシフトのカバーデザインのコンセプトを教えてください。

カバーデザインのアイデアは、以前手掛けた作品からとりました。その作品というのは、8枚の絵からなるシリーズです。絵自体はとても大きいのですが、その中に描かれているものはとても小さく、よく注意して見ないと絵を理解できません。遠くから見ると、幾何学的な形しか見えませんが、近寄ってみると小さなものがたくさん描かれている、風景画のようなものだとわかります。そこには、風船につながれた人間とウォータ−スキーのショーの小さな世界が描かれています。近寄って、小さいものをじっくり見るというプロセスをこのシフトのカバーデザインでは、アニメーションという形で表現しました。これらの絵のもとになったのは、子供の頃フロリダにいたのですが、そこでたくさん公園に行った記憶です。

今後の予定や、これからチャレンジしたいことなどがあれば教えてください。

チャレンジしたいことはたくさんあります。というよりも、新しいプロジェクト1つ1つが常にチャレンジです。これからは、フリーランスの仕事をもっと増やしていく予定です。やりたいことがたくさんあって、頭の中にはプロジェクトのアイデアがたくさんたまってきています。

最後に読者にメッセージをお願いします。

あけましておめでとうございます。オーシャンワールドのフライトを楽しんでください。よーく見てくださいね。

Pixelgarten / Catrin Altenbrandt
住所:Herrnstrasse 10, 63065 Offenbach, Germany
TEL:+49.69 8008 79 40
gartenservice@pixelgarten.de
http://www.pixelgarten.de

Text and Translation: Naoko Fukushi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE