ミヤタケイコ+アナログガール

HAPPENING

今回の展覧会は、不思議で奇妙な、動物のぬいぐるみの制作をしているアーチスト、ミヤタケイコソーソーカフェでは、去年の「IN&OUT」展に引き続き、かわいくて、怖い、動物達で埋め尽くしてくれた。そのオープニングイベントとして、彼女のライブペインティングと、シンガポールから来日した、日本初という、アナログガールのライブパフォーマンスも行われた。


オープニングイベントが始まる前、会場には、真っ白なテディベアのようなぬいぐるみと、ピンクのバンビがこれから何かが起こることを予期させるように、たたずんでいた。

会場がオープンし、観客がそれぞれ、雰囲気になじみ、パフォーマンスが始まるのを、今か今かと期待し始めた頃、ミヤタケイコのパフォーマンスは、始まった。あらかじめ、用意してあったらしい、鮮やかなグリーンのフェルト生地のパーツを、彼女は注意深く、様々な角度からバランスを見ながら、ピンクのバンビに命を吹き込むように、貼り付けていく。しだいに、バンビ達は、グリーンの水玉模様を得て、生き生きしているように見えてくる。バンビが完成した時、2匹のバンビを両手で抱き上げ、観客に披露した。

その後、シンガポールから来日した、アナログガールが、パフォーマンスを行った。彼女が会場に現れたとき、そのファッション、ヘアスタイル、メイクがとても個性的で、目をひいた。この日、彼女の魅力を引き出したのは、メイクアップアーティストの横山美和と、スタイリストの小島留美。彼女達は、11月にソーソーで開催される「DOTMOVフェスティバル」の関連イベントとして、メイクアップと映像のコラボレーション「THANKSGIVING MAKE UP 2」を11月30日に開催する予定となっている。

アナログガールの左目のまわりには、立体的でカラフルなビーズのようなものが施され、ミステリアスな雰囲気を出していた。彼女のサウンドは、ノイズと重厚感のあるビート、そして個性的なボーカルが印象的で、パネルの上で指を滑らせて音を操るエフェクター「カオスパッド」と、ラップトップコンピューターを使い、リアルタイムで音を操っていた。

彼女のそのサウンドは、「ビョーク・ミーツ・オノヨーコ・ミーツ・レイラピネイロ」と称される通り、まさに音の旅へと観客を魅了した。

ライブの興奮が続きつつ、ミヤタケイコの第二のパフォーマンスが始まった。プラスチックのコップに、手早くアクリルカラーを絞り出し、勢いよく、真っ白なぬいぐるみにペイントを始める。大胆に、力強く、スピーディーに次々と色が重ねられていく。彼女の頭の中にはイメージが、既にあるのだろう。イメージを形にしていくために、無心で筆を動かして、ドライヤーで乾かしながら、バンビの時と同じようにまるで命を吹き込んでいるかのように見えた。その姿に観客も釘付けになっていた。

次第に真っ白なぬいぐるみが、非常に鮮やかな色使いのものへと変わっていった。そろそろ、完成かとほとんどの人がそこで、思ったと思う。しかし、そうではなかった。

彼女は、アイスピックのようなものをとりだして、ぬいぐるみに大胆に、ぐさぐさと刺していった。これは、だれも予想していなかっただろう。たくさんの人が、驚きの表情を浮かべていた。そして、はさみと手で、中のわたをぐいぐいと引っ張り出していく。最後に、ぬいぐるみの耳と足先という、また意外な場所に目をとりつけて、パフォーマンスは幕を閉じた。観客からは、拍手が起こる。制作に集中し、緊張感を漂わせていた彼女の表情が、少し和らいだように見えた。

ミヤタケイコ「dangerous pop」展
会期:2003年9月29日(月)〜10月29日(水)
会場:SOSO CAFE (ソーソーカフェ)
住所:札幌市中央区南1西13 三誠ビル1F
TEL :011-280-2240
営業時間:11:00〜21:00
http://www.shift.jp.org/soso/

Text and Photos: Naoko Fukushi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE