ディビット・ホワイト展

HAPPENING


Nike AirMax (1995)


スニーカーフリークには、お気に入りのスニーカーを履き潰してしまっても、永遠に残したいと願う人は少なくない。アーチスト、デイビッド・ホワイトは、その願いを形にした。

「バトル・オブ・ザ・タイタン」というロンドンの展覧会で、世界のトップスポーツブランド、ナイキとアディダスの歴史を代表し、スポーツ界やストリートファッションでも人気を持つ、過去10年に発表されたスニーカーのペインティングが展示された。

一般にもメディアにも受け入れられたこの展覧会は、アメリカですでに開催され、現在はドイツで開かれている。キャンバスに描かれたスタンスミスやエアジョーダンを欲しがる、ストリートファッション好きの需要で、デイビッドは思わぬ収入を得た。

リバプールでファインアートを学んだデイビッドは、「ソセビー」と「コナウト・ブラウン」いう2つのギャラリーで、過去にも展覧会を開いたことがある。彼は自らもスニーカー好きで、クラブDJという顔もあわせ持つ。そして、今やグラフィックやグラフィティに支配されているストリートファッションに、異なったビジュアルを投げかけている。


Adidas, Japan

さらに、すでに確立された手法とも言える、ペインティングという手段を使い、ストリートカルチャーにも興味深い視点を投げかけている。彼の作品は、現代の、“使い捨て社会”の一部として描かれているが、これは今日の社会を強く反映している。

デイビッドは、コレクションを発表して以来、ナイキ、アディダスとのプロジェクトのチャンスを得た。もうすぐ、アディダスの限定スニーカーが、「オキ・ニ」で発売となる。また、ナイキは、彼の「Air Max 03」ペインティングのTシャツを発売した。彼自身もまた、自らのTシャツコレクションを作っており、 Digitalgravel.comで発売される予定だ。

Text: Paul Karalius
Translation: Naoko Fukushi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE