スタンダート

HAPPENING


もし自分の周りの人が「実は、こういうプロジェクトをやってみたいなと思ってて…」と相談を持ちかけてきたら、何かしらのワクワク感を覚えるのは何故だろうか。きっとそれは、ちょっとでもイニシアティブのある、クリエイティブな人物を知る事は、知った側にとっても、ある種の楽しみを与えるからである。そして、そのアイディアが徐々に形を帯び始め、現実味がではじめ、そして期待感も高まり始めた時こそ、まさにその人物の誇りへと繋がる原動力が生まれる時だ。

この10月に、マドリッドで初めて開催されるイベントがある。スタイリストのパブロ・トレスの指揮によるこのイベント「スタンダート」では、他とはちょっと違うものをこの街に出現させるという。

音楽、ファッション、そしてインテリアデザインという、3つの分野を融合し紹介する、マルチ・カルチャー・プロジェクトにもなるのだ。今一番旬なデザインが展示されるのはもちろん、新進気鋭の若手デザイナーの作品も多く紹介されるこの「スタンダート」。会場は、分野毎に3つ用意されており、例えば、カーサ・デ・カンポや、ラ・ピパの愛称で親しまれているパビリオンも、そのひとつだ。

夜には、ミュージカル・パフォーマ−による演奏が繰り広げられ、3日間に渡って開催されるこのイベントは、日が落ちた後も引き続き楽しむことが可能。また、彼らだけではなく、レコードレーベル、ショールーム、音楽学校やデザイン学校の生徒達も一緒に参加する。また、博覧会エリアも用意されており、そこでは、あらゆる種類の展覧会が一斉に開催される。その中でも特に注目して欲しいのは「エスパシオス・フューシオナンドス(混合エリア)」と呼ばれるエリア。インテリアデザイナーがインテリアデザインの新しい形を紹介したり、ファッションデザイナーによるショーが行われたり、作曲家がライブを披露してくれたりと、様々なパフォーマンスが行われる。

参加者も、なかなか面白い顔ぶれなので、こちらのチェックも忘れずに。

音楽部門参加者:リワーク、キットビルダーズ、アスキー・ディスコ、フェリックス・ダ・ハウスキャット、ツジコ・ノリコ、アンジー・リード、スウェイザック、マティーニ・ブロス、他多数。

ファッション部門参加者:ドュオス、ロッキング・ショッキング、アマヤ・アルズアガ、ペケーノ・ポダール、そしてスペイン国内の著明なデザイナーなど。

インテリアデザイン部門参加者:エロトロラード、ベレン・モネオ、ラ・オトラ・モバイリアリオ、他多数。

イベント開催中にマドリッドに居るという人には、是非足を運んでいただきたい。入場料も、1日券が10ユーロ、3日券(昼のみ)が22ユーロ、3日通し券(昼/夜)が60ユーロと、良心的な値段で設定されている。

Standart
会期:2003年10月17, 18, 19日
会場:Casa de Campo, La Pipa Pavilion, Madrid, Spain
infostandart@standart-mad.com
www.standart-mad.com

Text: Terevision Ruiz from Neo2 Magazine
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE