カウパレード東京 2003

HAPPENING


今、丸の内一帯では、先日一周年を迎えた丸ビルを中心に、ウシウシウシウシ‥‥とにかくたくさんのウシが見られます。これは、世界各都市でも開催されている、パブリックアートのイベント「カウパレード」の作品。アジア初の開催地がここ、丸の内なのだ。

そこで誰もが感じる素朴な疑問、「なぜウシ?」。発祥地であるスイスで、最もポピュラーな動物がウシであるということと、たとえまったく違う色や造形に変化しても、個性を失わずにいられる唯一の動物がウシなのだそうだ。言われてみれば、納得(かも)。

グラスファイバー製の64頭のウシたちは、立ったり座ったり、塗られたり貼られたり。ではそのいくつかを紹介しよう。この道40数年、いまだ第一線で活躍中の、「Aquirax」こと宇野亜喜良の作品は、耽美的美女たちを赤い斑点状に配した「カウガールズ」(手前は浅葉克己の「祈り牛」)。

メディアアーティスト、岩井俊雄の「Another Time Cow」は、ウシのお尻からその中を覗くと、映し出されている丸の内の街のシーンがちょっとだけゆがんだり遅れたりする、今回の中では数少ないインタラクティブな作品。

白根ゆたんぽは、立体であることを活かした、思わずいろんな角度から見てしまうダイナミックな作品「Triple Vision」を制作。そのペイントに圧倒されつつも、彼ら(カウとそのボディに描かれた涙する男女)の涙の理由が気になります。

しかし意外にも、一際目を惹いたのは、ヒロ杉山の裸のウシ、「Naked Cow」。テーマは「絵を描かずに存在感をだす」ということだが、いや、お見事。

その他、日比野克彦、千住博、テリージョンソン、秋山具義、みかんぐみといった日本を代表するアーティストから、地元千代田区の中学生までが、それぞれ思いのままにウシでアートしている。ちょっと立ち止まって見てみると、一頭一頭表情も違えば、性格なんかも“ウシそれぞれ”という感じすらしてくる。実物を見るとけっこう愛着がわいてしまうウシもいたりして、もしかすると丸の内OLの心の中には、それぞれお気に入りの一頭なんかが存在したりするのかもしれないですね。

現在開催中のオークションで、彼らはイベント終了後のご主人様を募集中です。

カウパレード東京 in 丸の内 2003
開催期間:2003年9月13日(土)〜10月5日(日)
会場:丸の内, 東京(詳しくは下記URLより「カウMAP」参照)
www.cowmarunouchi.jp

Text and Photos: Yuki Ishida from Web Designing

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE