スジャッキーズ

PLACE


ハーレム地区のメインストリートにある、とある一件のショップ。これこそ、家具やアート、ファッションやアクセサリーなど、新しいものから古いものまでさまざまなものが取り揃えられた、スジャッキーのお店だ。またここは、シュランクス・ビーニー帽と、ハーレムのコテージ産業の発祥地でもある。

オーナーであるスジャッキーは、37歳のハーレム住人。店は2年前に開店した。「ショップをやるのは、実はこれが初めてではないんです。18の時に、一度友達とギャラリーをオープンしたことがあって、自分達の作品を売ったり、タダであげたりしてました。写真に興味があったので、学校で写真を勉強し、卒業後の10年間は、アーティスト・フォトグラファーとして活動していた時期もあります。何かを作るよりも、展覧会を開いてみたり、作品を売ったりしていた方が、楽しかったんでしょうね、その頃は。基本的には、いろいろなものに感動しちゃう方なのですが、今までの作品の中で支配的なテーマを扱ったことは一度もありません。物事をキャプチャーするというよりは、私が見ているものを作品に“登録する”といったかんじ。すべてのものが、常に中間的な存在なのです」。

プロの写真家としての活動を進めつつも、商売にも常に関わりを持ち続け、友人との店の運営を進めてきたというスジャッキー。その店にも、アートとキッシュな商品が溢れていたとか。「写真ではなく、その店だけの商品も作ったりしていました。いろいろなものを、その場でちゃちゃっと作っていたのですが、ビーニー帽が誕生したのも、ちょうどその頃。当時はビーニー帽という名前さえなかったですけどね。そうこうしているうちに、自分だけの空間が欲しいと思い始めてきて、それなら挑戦してみようかな、と。まず店を1、2ケ月貸りてみて、様子を伺うのが私のやり方です。この視察というか調査は、冬に行うことが多いですね。冬に店をちょっと貸りて、私の帽子でいっぱいにして、様子を伺う。結果がしっかり出るので、結構効果的な方法ですよ」。

スジャッキーが現在のショップを見つけたのは、2001年の10月のこと。「大家さんと空間を共有しなければいけないので、他とはちょっと違った存在の場所ですよね。例えば、大家さんは月に1回この店で会議を開きますし、秘書の人も、週に2度午前中にやって来ます。お互い、共通点はまったく無いのに、上手くやっていけているっていうのがおかしいでしょ。まったく違うものが同じ空間にあるということが、店の存在というか、機能にも、ある程度影響を与えている気もしますね」。

そんな彼女の店は当初、ハーレムの住人には余り好ましく思われていなかったとか。と言うのも、彼らは店が持つユニークさに気づいていなかったからだ。「もしハーレムではなく、アムステルダムに同じ店をオープンしていたら、もっと分かりやすいリアクションが返ってきたでしょうね。でも何も驚いていないようなフリをするのが、ハーレムの人たちなんです。オランダ語で“ドルーグ”という言葉があるのですが、これは“スーパードライ”という意味。だから私にとってハーレムの人たちは、ドルーグです。絶対に、わくわくしてます!という表情は出さないですからね。見た目だけでは、彼らの気持ちを読み取るのは難しいですよ」。

それでは、彼女のショップの他とは違う持ち味はどういったところなのだろうか?「商品の並べ方じゃないかな。いろいろなものを点々と飾っていて、一見、それらのどれもに共通点がないように見える。でも実はあるんです。そこにお客さんは引きつけられているのではないでしょうか。ニット帽の横に、どのように家具を置くか?陶器があって、その次にどうして奇妙なおもちゃがそこにあるのか?というように…。レイアウトにも秘密があって、レイアウトでありながらも、ただのディスプレイではない。仕事場としての機能も兼ね備えている点が特別な理由ではないかな、と思います。大家さんも仕事があるので、むやみやたらにおもちゃをそこら辺に置けないですしね。このショップは、彼らのオフィスでもある。だからこそ、店をものでいっぱいにすることはできないのです。もし私にすべての主導権があったら、自分の商品で溢れかえさせるでしょうけど、最終的にはそれもきっと気に入らなくなるんじゃないかな。あと、常にショップをきれいに保たなければいけないのですが、片づけが苦手な私にとってこれは、ちょっと頭が痛い」。

「商品は昔のものから新しいものまで、本当にさまざまです。値段も手ごろで気に入れば、新しいものを仕入れます。新しいけど値段が張る場合は、ちょっと昔のものを仕入れるといったかんじです。ここで扱っている家具は、オランダの中でも指折りの家具デザイナーのひとりである、ピエ・エイニークの作品です。他のこまごまとしたものは、いろいろな卸業者から買っています。実際に現場まで脚を運んで商品をチェックし、ショップの雰囲気に合うような商品をちょっとずつ買います。年代を感じさせるものは、ドイツやベルギー、フランスのフリーマーケットで見つけたものばかり。なぜかオランダでは、そういった掘り出し物はないんですよね。テキスタイルや昔のセーター、毛布なども気を付けて見るようにしているのですが、シュランク帽は、こういった心掛けから誕生した商品ですね」。

「帽子を作り始めて、もう20年にもなります。初めて作ったのが、スキーに行くのにかぶるものがなかったから。友達とわいわい言いながら作っていたのですが、その時に、ユニークなデザインのものを作れば、広いゲレンデでも、お互いがどこに居るかわかるじゃない!という発想が出て。最初のうちは、古くて太い毛糸を使っていたのですが、ある時、もう着なくなったセーターを使ってみたらどうか。それを暑いお湯で一度煮て、ちょっと変型させてみたらどうか、というアイディアが浮かんだんです。そうやって試行錯誤した後にできあがった帽子には、すごく満足でしたし、周りからの反応もよかった。だから売ってみようかな、と思ったのです。今でも、すべての帽子は私の手作りです。どんなセーターを使うかにもよるので、ひとつとして同じ帽子はありません」。

「もしかしたら私は、編み物作家かもしれません。最初に服を作ったのが18の時。ギャラリーの仕事を始めた頃です。そこで、みんなして服をせっせと作っていましたね。洋裁のハウツー本も買って、それを見ながら新作にチャレンジしたり。これは今でも好きなことです。帽子を作り始めてすぐに、この帽子をブランド化していこうと思いました。ある友人が“シュランクスっていう名前がいいんじゃない?”と提案してくれたのですが、私は帽子を作る時に一旦煮て縮んだ(シュランクした)毛糸を使うので、すごくいい名前だなと思いました。100%ウールを使っていた時期もあったんですけどね。シュランクスが始まった頃は、すごくハーレムっぽいな、と思っていました。あと、一目で私の帽子だとわかってほしくて、すごく大きなタグを帽子の一番上に付けていたので、一瞬見ただけでは、表裏に帽子をかぶっていると勘違いされても不思議ではありませんでしたね。それからしばらくして、ロゴの位置は正面に移したので、シュランクという言葉はもっと目立つようになりました。そのうちにだんだんと注目されるようになり、アムステルダムのデザインストア、フローズン・ファウンテンから取り引きの声をかけてもらうようになりました。ここは、私が長い間、写真作品を紹介し、買っていただいていたお店です」。

その人気を、フローズン・ファウンテンとのやりとりの後、確固たるものとしたシュランクス。その後スジャッキーは、イギリス、アイルランド、デンマーク、スウェーデンなどにも商品の輸出を始めた。日本で開催されたオランダのデザインを紹介する展覧会では、展示物のひとつとして並べられたことも。「その後私は、帽子だけではなく、クッションやスカーフなどのアクセサリーの制作も開始しました。今でも使い古した素材をリサイクルして商品を制作しているので、帽子でなくても、それらはシュランクスというブランドの商品です。最近は、輸出量を少し減らして、オランダ国内の市場にフォーカスを当てるようにしています。これは、私の商品はすべて手作りなので、大量生産が不可能なこと。それだけじゃなく、私と同じようにもの作りをしてくれる人を探すことも、無理ですしね」。

スジャッキーのショップでは、ドミニク・ゴブレット(ベルギー)とフィリッペ・オレホー(フランス)の作品も見つけることができる。「ドミニクとは、2年毎にハーレムで開催されるコミック・フェスティバルで知り合いました。彼女は、ゲスト出品者としてそのフェスティバルに参加していました。子供っぽさがありながらも、とても繊細な彼女の作品には、一目惚れしてしまいましたね。彼女は基本的に、本作りなどが好きなようなのですが、いろいろな素材を実験的に使って制作を進めているようです。そうこうしているうちに、販売できるまでの作品が出来上がったのでしょうね。
フィリッペとは、フランスのリールにある彼が働くギャラリーに、私がたまたま立ち寄ったことから交流が始まりました。フィリッペの作品もドミニクの時と同様、一目惚れでしたね。見た瞬間“わぉ!”って。彼の作品は、漫画がベースとなっているところがおもしろいと思います」。
スジャッキーはまた、最近になってから、15年の付き合いになる愛犬、ピムを題材にした作品の紹介を始めた。「ピムはすごく写真写りが良くて助かってます。彼を題材にすることで、彼との思い出を残している、というのもありますね。ピムには自由に動いてもらって、その姿を私が追っている、というかんじです。時々、ポーズもとらせたりするのですが、ピムはすごく素直にじっとしてくれるんですよ」。

そんなスジャッキーの目の前には、どのような未来へのビジョンが広がっているのだろうか?「私はもう既に、やりたいことを見つけてしまいましたからね。一昔前は、こんなに素敵なショップを持てるとは、思いもしませんでした。今の夢は、お店を大きくすることでしょうか。大きくして、もっとたくさん家具を仕入れて、アーティストも紹介できればと思います。」写真は?「写真については、今はちょっとわからないですね。今でもちょこちょこ撮っていて、その時は、これをシリーズ化したらおもしろいな、と思う時もありますが、今のところは、個人的な娯楽として楽しんでします」。

スジャッキーは近々、オンラインショップをオープンするとのこと。その間のオーダーについては、気軽にスジャッキーに電話をかけてみてほしい。

Sjackie’s
住所:Nassaulaan 4, 2011 PC Haarlem, The Netherlands
TEL:+31-23-531-3733

Text: Ania Markham from PostPanic
Photos: Ania Markham from PostPanic and Sjackie Haverkorn
Additional Photos: Hans Vissers
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE