NIKE 公式オンラインストア

「バックジャンプス」展

HAPPENINGText: Paul Snowden

都会的なコミュニケーションや、都会的な雰囲気が漂うアートが好きな人は大勢いると思う。壁を愛する人もいれば、嫌いな人もいるだろう。そしてそういったものが存在するのが、このベルリンの街。ライターやスプレーアーティストが溢れ、いたるところにステッカーやスローガンがひしめき合っている。そんなベルリンには「バックジャンプス」という雑誌がある。1994年に、エイドリアン・ナビが創刊。今では、アーティストやパフォーマーにとっては、世界中の情報を得ることができる一冊だ。そのバックジャンプスのザ・ライブ号発売を記念した展覧会が現在10月5日まで開催だ。なんと会場は、ギャラリーではなく、ストリート。ストリートアートを紹介するというコンセプトも、かなりしっかりしたものだ。

この展覧会には、アーティストを筆頭に、40名が参加。ストリートカルチャーの真の姿を垣間見ることができる内容だ。この展覧会の最も秀でた特徴は、全てのものがリアルであるということ。この空間ためだけの作品があり、制作したアーティストとも実際に話をすることも可能だ。無名のアーティストがひょいっと外にほうり出され、作品を制作することで自分の名前を売るという、他にはない状況にちょっと驚いてしまうが、この展覧会は全ての人たちへのもの。違法なことも合法にしてしまうようなバックジャンプスは、異色の存在だ。

また、6週間に渡って、展覧会、パフォーマンス、コンサート、そしてワークショップなどが、クロイツベルグ/ベタニエンというアートスペースだけではなく、ベルリン市内のストリートでも開催。「バックジャンプス:ザ・ライブ号」に関連した映像、インスタレーション、ビデオゲームなどが展示され、これらの作品からは、アーバン・アートの成長の記録を垣間見ることができるだろう。オープニングイベントでは、会場全体が国際的な雰囲気。広く作品が知られているスター的なアーティストや、これからが期待されるアーティストがマジックやスプレー缶を手に絵を描くというパフォーマンスも。すごく刺激的で、楽しいひとときだった。

その中でも特に僕が興奮したのは、僕が大好きなアーティスト、WKインタラクトに出会えたこと。彼にとっては、今回が2度目のベルリン訪問だとか。彼の作品や展覧会、そしてベルリンという街について、お話を伺うこともできた。かなり大手の企業での経験もあり、いまでは多くの日本のデザイン誌でも紹介されるようになったWKインタラクト。イラストレーターや映画業界でも働いていたことがあるという彼が魅せられたのは、モーショングラフィックだった。そして現在の彼の作品では、いっときの瞬間や都会特有のテンションが見事にとらえられており、ダイナミックで、でもどこか冷たさもあるグラフィックデザインが展開されている。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
ラ・フェリス
MoMA STORE