ティム・バーバー写真展

HAPPENING


ふと、自分を取り囲むすべてのもの、人々を抱きしめたくなる瞬間がある。散らかった部屋、夜のビーチ、昼間の公園、すべての背景が美しく、そんな時間を過ごす自分たちが美しくてたまらなくなる。TVスターやコミックヒーローなんかより、日々体当たりで生きている自分たちがたくましくて、愛らしくてしょうがない。ありのままの美を私的な感覚でとらえる青年が、最高の美を公開してくれた。

5月8日、ティンゼルタウン特設会場でティム・バーバーのフォトエキシビション、「I am not askin’ you to say words like “yes” or “no”」 のオープニングレセプションが開催された。ウェアハウスのような広々とした空間の中、数十作品ものラージフォトグラフが展示された。

ティム・バーバーは、ViceマガジンやMADEマガジンなどのマルチ・サブカルチャー雑誌で活躍するフォトグラファーである。日常生活に存在するすべてが彼の被写体であり、彼は無造作にも存在するすべての美しさを記録する。「現在」という短い瞬間、空間にある美は果敢ない。バーバーのフォトグラフに記録されたその美は哀愁をそそる。感情をむき出しにする姿も静かに物語る姿も、その瞬間にしか存在しない仲間の姿だ。無造作な美を見つけてはシャッターを切るバーバーの切ない視線が彼のフォトから感じられた。

スナップショット写真は、プライベートな時間や空間をキャプチャーする。かけがえのない日々を形にしようと、カメラを向け合う若者は多い。日々を写真におさめるこの行為は日常を大切に生きている証と言いたい。自分自身の生き方や仲間達の生き様に自信を持つ者の写真には、自ずと最高の美が映し出される。「現在」を記録するのは、現在を生きる自分たちを証明するためかもしれない。美しく生きる自分たちのためかもしれない。

I am not askin’ you to say words like “yes” or “no”
会期:2003年5月9日〜17日
会場:Tinseltown (entrance)
住所:Keefer St. Vancouver, Canada
tb42bc@hotmail.com
www.stilllive.com

Text: Aya Takada from SML-(6j6)

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE