FAD マガジン

THINGS


FAD」という、アートとアートの境界線について追求する雑誌がある。最近発行されたばかりのこの雑誌は、デザイナーのダン・サンプションとマーク・ウエストールの発案によるものだ。

「FAD」では、ポスター、カード、小冊子、CDカバー、折り紙、ジャケットカバーのデザインなど、ついつい集めたくなるような「おまけ」も付いており、雑誌という枠を越えた雑誌だ。

さまざまなフィールドで活躍しているアーティストやノン・アーティスト、ミュージシャン、ライター、はたまたギャンブラーまでがこの雑誌のコントリビューター。FADが手当たり次第に用意したテーマを彼らがそれぞれひとつずつ選び、作品を制作して行くのだ。作業の進め方、表現方法はテーマに沿っており、設定されたフォーマットに収まっていれば各自自由。ひとつとして似通った内容はないのである。

FAD3号では「消費」についてフィーチャー。「ブレア首相の無駄なプロジェクト」「キジから糞まで」と題された記事から、「シンク1」制作の「ラスト・サバー(最期の晩餐)」やラジオボーイ制作の「メカニックス・オブ・デストラクション(破壊の方法)」といった作品が紹介されている。

アート・ディレクターのJCに、最新号やデザインに込められたアイディアについて伺ってみたところ、ページは視線が上から下へ流れるように構成されて大部分いるとのこと。雑誌だからと言って、すべてが同じような志向で作らなければいけないのか、という疑問を常に頭の中に置いているのだ。どのページもがモノクロで、そこに一色だけさり気なく置かれている。一番最初のページは、マゼンタ一色。そして次々とページを進めて行くうちに、徐々にシアンに変化して行く。合計で、30ページに渡る色のグラデーションだ。写真もそのページの内容に応じて適宜に配置。全ページの角には、必ず「FAD」の頭文字を見つけることができる。例えば「Face Another Diagonal」の頭文字も「FAD」だし「Float And Drown」の頭文字も「FAD」といった具合だ。ページの右下には、パラパラ漫画も。題名は「Flick Book」だ。

今回おまけとして付いているCDには、MP3のコレクションにアクセス可能なインストラクションを収録。これは、ラジオボーイのアルバムからのものだ。どのトラックも、例えばマクドナルドのハッピーセットや、ザ・サンというイギリスの新聞、それに「My Granddad’s old black and white TV」といった、どこにでもあるようなものから作られたサンプルばかりだ。「最期の晩餐」の復刻版を大判のポスターにし、「消費」という今回のコンセプトを追求したのも、おまけのひとつ。十二使徒(キリストの弟子達)が、現代の世界のリーダーや、トップ企業の社長達のシルエットに置き換えられている、という作品だ。

この第3号は、2万部発行され、ロンドン、ニューヨーク、そしてロスアンジェルスのギャラリー、本屋、大規模な新聞販売などで入手可能。ロンドンのマグマ書店、パリのパレ・ド・トーキョーなどといった、専門分野的な場所を中心に配付されている。

クリスマスとお正月以外にも、少なくとも年に4回イベントを開催しているのも、このFADの特徴。現在はロンドン、パリ、ニューヨークを中心に行われているが、将来的にはアメリカ全土、ヨーロッパ、日本も候補地として検討されている。音楽(DJ、ライブミュージック)、アート(新進気鋭のアーティストによる展覧会、パフォーマンスアート)などがフィーチャ−されるイベントだ。

FAD Magazine
住所:BradonpaceLtd, PO Box 34966, London SW6 4YE, UK
TEL:+44-70-9201-8462
just@fademail.com
www.fadwebsite.com

Text and Photos: Tim Spear from Now Wash Your Hands
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE