デザインマイ 2003

HAPPENING


デザインマイ」は、2週間に渡って開催されたデザインの大会議。100名以上の参加者が、商品、プロジェクト、アイディアなどについて論議を繰り広げるイベントだ。今年ははじめての開催ながらも、ベルリンの街は大いに盛り上がった。

そんな中、僕はどうしていたかというと、自身の活動にてんやわんやの状態。残念ながら、デザインメイをきちんと見ることはできなかったのだが、何でもデザインメイの方でも結構なドタバダ劇があったとか、なかったとか。それでもとにかく、よいイベントだったことは確かだ。

今回のデザインマイは、とてもベルリン色が濃かったことは特筆すべき点。かなり厳しい予算内でありながらも即興的。それこそ、ベルリンのチャームポイントだろう。また、ベルリンにできること、できないことを明確にできた良いチャンスでもあった。僕が感じたのは、多くの若いデザイン・スタジオがこのイベントに参加しなかったのは、デザインメイ自体に何の達成も見られなかったこと。そしてビジネスが、デザインメイやこの種のイベントと連係していなかったことだ。人生その気になればどうにでもなる。僕はそう思う。デザインメイは残念ながら、どこかエリート感覚が感じられたイベントだったし、僕自身、エリートはあまり好きではない。これからもいろいろな批評や提案が出てくるだろうが、僕個人としては、次回のデザインメイに期待を寄せたい気分だ。どのような結果がでるのか楽しみだ。

もしデザインメイで取り扱われる題材の幅が広かったら、イベントを通じていろいろな繋がりも生まれるだろう。そしてもし、デザインが人々を巻き込んだ新しい動きを発生することができたら、イベント自体のレベルはかなりアップすると思う。「グレイジュ」というデザイン・スタジオがベルリンにあるのだが(グレイジュとは、グレイとベージュをミックスした造語)、このグレイジュには今回、「NOWAR FONTS」を使って作品を出品するようにとの要請があったそうだ。その作品は今回のイベントのポスターとして使用されたのだが、これを含めたその他の作品も、現在はサイト上で見ることが可能だ。
以下は、グレイジュの「NO WAR FONTS!!」サイトより引用。
3月8日「NO WAR FONTS 」のサイトが公開された。展覧会では、誰しもが持つ疑問や、よくあるスローガンが作品を通して紹介。とにかく説得力のあるデモンストレーションだ。

最後に僕の事務所「REDESIGNDEUTSCHLAND」の情報を少し。僕達はちょうど、ユニバーサル・ミュージック・ドイツのサイトを完成させたところ。かなり革新的な方法をとったので、新しいサイトのデザインにはテキストがそれ程多くないのが特徴だ。使われているイメージは、ジャケット写真とグラフィックが2点のみ。「音楽についてのみ紹介してほしい」というのがニバーサル・ミュージックからの要望だったので、フラッシュっぽさ、色の使い過ぎ、混乱を招くような効果を最小限に押さえた。その代わり、重厚感があり、シンプルで機能的なサイトに仕上がっている。何でもかんでも取り入れるのではなく、シンプルさを極めたセンスは、僕もかなり気に入っている。

Designmay
会期:2003年5月3日〜18日
会場:Transform-Berlin e.V. i.G.
住所:Gormannstrasse 24 10119 Berlin, Germany
Tel::+49-030-27594285
mail@designmai-berlin.de
www.designmai.de

Text: Paul Snowden from Redesigndeutschland
Photo: Greige
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE