プリマベーラ・サウンド 2003

HAPPENING


この春で3回目を迎える「プリマヴェラ・サウンド」。スペイン国内では、重要な音楽祭のひとつになりつつあるフェスティバルだ。 2001年の開催では、小規模なイベントがささやかに一日だけ行われただけだったが、今年は2日間に渡って開催され、国内外の音楽シーンで活躍するスター達が集結する。この種の音楽祭では、ある一種類のジャンルのみをフィーチャーするのが主流だが、プリマヴェラ・サウンドでは、ポップ、ロック、エレクトロなど、さまざまな音楽紹介するのが特筆すべき点。そうすることで、幅広いオーディエンスを対象にすることが可能だ。

まずはフェスティバルのキックオフとして、5月22日にオープニング・パーティーをバルセロナ市内、アポロ・ルームにて開催。ゴッドスピード・ユー!、ブラック・エンペラー、ハングドアップ、ベイ・ジザニー、ア・ルーム・ウィズ・ア・ビューなどがパフォーマンスを行う予定だ。オープニング・パーティーのチケットは12ユーロ。しかし、それに3ユーロをプラスするだけで、2日間のフェスティバルをフルに見ることができる。通常だと2日間チケットは62ユーロするので、これはかなりお得。そして参加アーティストも豪華だ:

ザ・ホワイト・ストライプス、ピーチズ、テレビジョン、ザ・ゴー・ビットウィーンズ、ロニ・サイズ、DMX・クリュー、ル・モンド・インフェルノ、マイケル・メイヤー、スーパー・コリダー、 W.I.T、ヨー・ラ・テンゴ等など、実に多くのミュージシャンが、ザ・ポブル・エスバニョール広場(ビレッジ風の遊園地)に特設された5つのステージと、ザ・マーキャット・デ・レス・フロルスでパフォーマンスを行うのだ。
マーキャット・デ・レス・フロルスは、元は市場だった場所だが、多目的にイベントを開催するのを目的にリニューアルされた施設だ。

夜だけではなく、昼間も見どころはたくさん。ザ・マーキャット・デ・レス・フロルスでは、レコード会社フェアが開催される予定。音楽産業のプレスや関係者が集まる他、パフォーマンスも2、3行われる。また「第2回プリマヴェラ・サウンドトラック・フィルム・フェスティバル」も、レティナスの協力により開催。B級から冒険もの、ファンタジーものなど、幅広いポップ・シネマを楽しむことができる。

このようにバルセロナは、いつ何時でも来る価値のある街。しかも、このようなイベントが行われるなら、もう行くしかないだろう。春の足音は着実に近付いているのだ。

Primavera Sound
会期:2003年5月23日〜24日
会場:Poble Espanyol and Mercat de les Flors,Barcelona, Spain
www.primaverasound.com

Text: Terevision Ruiz from Neo2 Magazine
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE