ピクセルギャラリー

PLACEText: Mikey Richardson

ここトロントだけではなく、国際的に活動するデジタル・アーティストの作品を紹介するピクセルギャラリーのサイトのオープンを記念してのイベントが、3月10日から21日にかけて開催された。場所はアレン・ランバート・ガレリア。

国際的に活躍するアーティストと、地元のアーティストの作品が一緒に展示され、それを鑑賞できるという点が面白い。親近感があり、見覚えがある作品とまったくの初見の作品を一度に見ることができるのだ。展覧会では実に様々なプロセスやスタイルを幅広くフィーチャーしている。

トロント市内、ブルックフィールド・プレイスにあるアレン・ランバート・ガレリアは、現代と昔が絶妙にブレンドされたクールな空間。トロントの建築の歴史が、今という時代に融合している場所だ。伝統的なアート・プロセスを含まない、新しい形のアートを紹介するのを目的に設立されたトロント・デジタルアート協会(TDAA)。その主旨を紹介するのが、この展覧会の開催目的だ。

主催者であるピクセルギャラリー初のお披露目としては、完璧なセッティングではなかったであろうか。本展では、最新のiMacを並べた特別ブースを設置。そこでは、映像やインタラクティブ作品を見ることができたほか、プリントされたデジタル作品の展示も行われていた。遂に、念願叶ってここトロントでも、新しいムーブメントとコミュニティーが動きだしだという感じだ。僕の知る限りでは、多くの人々がこのプロジェクトに興味を示しているようだった。

参加アーティスト:ベン・ラダッツ、ディーン・ディ・シモネ、キラー、エリック・ナツケミッキー、ハニ・ラシッド、ジョン前田、マグダ、ナンド・コスタ、ザック・ブース・シンプソン

Pixel Gallery
会期:2003年3月10日〜21日
会場:Allen Lambert Galleria
住所:181 Bay St., Toronto, ON M5J 2T3
Tel: +1 416 889 6439
http://www.pixelgallery.org

Text: Mikey Richardson
Translation: Sachiko Kurashina
Photos: Mikey Richardson

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
MoMA STORE