ドイツ国際家具市 2003

HAPPENING


このフェアに対しては、期待はそれほどされていなかった。ここ2年ぐらい続いているドイツ市場の低迷は、「MOBELMESSE」がオープンする前から発生しているものだ。しかし、ドイツ製品を集めたフェアの真髄にはまだまだ陰りは見られない。多くのイタリア企業がドイツ製品の扱いを取り止める流れがありつつも、このフェアは、新製品を全面的にアピールし、前進するのみ、という姿勢を崩していない。そしてこれら製品は、このイベント全体にポジティブな変化をもたらす動きへとつながっているのである。

まず目につくのが、その空間。アバンギャルドなデザインの展示に適用するように作られており、デザイン商品を扱う企業それぞれにセクションが与えられている。ザ・アバンギャルド・デザイン・センターでは、アイデアル・ハウス・ケルンというプロジェクトが行われており、若手デザイナーのコンスタンチン・グルシックとカリム・ラシッドのデザインによる家が2軒紹介されていた。

アイデアル・ハウスの存在というものは、直接的ではないがこのフェアの意図するところに根付いている。それは、フェア自体が、緻密なセンスで作られた家具だけではなく、インテリアデザインとしてのリファレンスとしての機能を果たしたい、というものだ。また、アバンギャルドなエキシビジョン空間としての機能もしっかりとしており、ラグ、カーテン、オブジェ、あるいは直接ペインティングすることで、空間に花を持たせたり、というアイディアも感じられた。
またキッチンが紹介されていることも特筆すべき点で、このことで、このイベントが他とは違うものである、というアピールがなされているのである。

ヨーロッパの他の地域ですでに行われたデザインフェアで見た作品も展示されていたが、今回の会場では、その広さを利用し、デザインを勉強する学生や若手デザイナーの作品の発表が行われていた。「SPIN OFF」と題されたその展覧会は、パビリオン4と11で行われており、有名デザイナー達からも高く評価されている新進気鋭のデザイナーの自信作が紹介されている。今回のディスプレイのテーマは、エクスメリメンタルなデザインの世界を結合する、というもの。どの作品も、デザインとしてだけではなく、インスタレーションとしてもかなりの傑作ばかり。プロジェクトを自らリサーチさせ、さまざまなテーマのワークショップを行うことで、デザイン学校では生徒の育成を促している、という話が、意見交換の場では行われていた。

The International Furniture Fair of Cologne 2003
会期:2003年1月13日〜19日
会場:Cologne Fairgrounds
住所:Messeplatz 1, Colonia
主催:Koelnmesse GmbH
www.imm-cologne.de

Text and Photos: Loredana Mascheroni from Domusweb
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE