OPEN MIND

HAPPENING

2003年10月に開館する「森美術館」。そのプレオープン企画であるCD「OPEN MIND」のリリース記念として、「OPEN MIND LIVE EVENT」が12月21日に「Roppongi Hills Information Center/THINK ZONE」にて行われた。

今回リリースされたCD「OPEN MIND」は、日本の若手クリエーターたちによって生み出されたサウンドやノイズ・ミュージック、メディア・アートの最新の傾向を紹介するものであり、渋谷慶一郎稲田光造秋田昌美(メルツバウ)、青木孝允Miroque、ポータブル・コミュニティ、NUMB、池田亮司によるサウンド作品と AGE 5&UPクワクボリョウタエキソニモポータブル・コミュニティによるソフトウェア作品が収録されている。


今回のライブでは、池田亮司を除くサウンド作品提供者全員に加え、ソフトウェア作品への参加者であるエキソニモクワクボリョウタ、さらにスペシャルゲストとして「L?K?O」という豪華な顔ぶれによるパフォーマンスを体験する事が出来た。


Right) exonemo

まずはじめは、エキソニモ。普段はネット・アートを中心とした活動を繰り広げている彼ら、今回は掛川康典とククナッケをゲストに迎え、オリジナルソフトを交えたラップトップ+映像+エレキベースによるパフォーマンスを聞かせてくれた。普段のブラウザ上での作品とは一味違った体験が出来、今後の展開が楽しみだ。また、CDへの収録作品である「FragMental Storm 02」は、ユーザの入力したキーワードを元にネット中から素材をカットアップする、というもので単純なキーワードから思いもよらないイメージが生成されていく驚きを味わう事が出来た。


Portable[k]ommunity

つづいてのポータブル・コミュニティ、CDにソフトウェア作品も収録している彼等。今回は普段の音と映像に加え、鼓膜を直撃する音によるパフォーマンスを行っていた。アナログオシレータのスイープ音を元に構成されたこのパフォーマンスでは、鼓膜に対する警告のあと音がスピーカシステムから発せられ、驚きを持ちつつも楽しそうに聞く人、耳をふさいで耐えている人、耐え切れずに外に出て行く人、と普段の音楽イベントでは見ることの出来ない光景を目の当たりにすることが出来た。賛否の分かれる部分かもしれないが、通常さほど意識する事のない身体を強く印象付けるこの作品、個人的には大きな意味を持っているように思える。


Left) Ryota Kuwakubo, Right) Miroque

デバイスアーティストとしても知られるクワクボリョウタは、音を操作する様々なブロックを画面上に配置しく自作のソフトウェアを使って演奏を行っていた。画面のコントラストがやや弱かったのが残念ではあったが、ソフト内のオブジェクトの動きと発せられる音とがしっかりと対応しており、聴覚と視覚の双方を互いに確認しあいながらパフォーマンスを楽しむ事が出来た。このソフトウェアはまだ開発途中とのことだが完成の暁には是非公開して欲しい。また、彼のCD収録ソフトウェアである「NewsWatch」は、ウェブ上のニュースサイトのテキストをその構造をはぐらかしながら表示しており、なんとなくわかるようなわからない、微妙な感触のものとなっている。


Left) L?K?O, Right) Keiichiro Shibuya

Miroqueは、今回の参加者の中で唯一鍵盤を用いたパフォーマンスを行い、穏やかな音で会場を包み込んでいた。
スペシャルゲストでもある「L?K?O」は、ターンテーブル3台+ラップトップを用い、高音を強調した攻撃的な音を奏でていた。やはりDJによるパフォーマンスは、手さばき、指さばきといった身体性に富んでいるためか、聴衆の多くが彼のプレイを熱心に見つめつつ体を動かしていたのが印象的だった。

渋谷慶一郎は、緻密に構成された音の数々と閃光のように瞬くストイックな映像との組み合わせによるパフォーマンスで、彼がサウンドシステムの中央に立った演奏していたためもあってか、会場内の場所によって大きく音の聴こえ方が異なっていたのが興味深かった。

つづいての稲田光造、残念ながら彼のパフォーマンスだけ聞き逃してしまったのだが、友人の話では特に最後の展開は圧巻であったとのことで、せっかくの機会を逃してしまった事が心残りだ。


Left) Merzbow

そしてメルツバウこと秋田昌美。言わずとしれたノイズ界の巨匠である彼のパフォーマンスは、今回のイベントの中でもハイライトのひとつだったように思える。特に前半の徐々に音が増えていくような展開は圧巻の一言であった。途中から、様々な生物のイメージが轟音に伴ってプロジェクションされていくのと同時に、耳の高域が次第に失われていくのを実感する事が出来た。サウンドシステムの音量も他の出演者と比較し大きかったように思えるのは気のせいなのだろうか。


Left) Takamasa Aoki, Right) NUMB

3作目のアルバムをリリースしたばかりの青木孝允、ラップトップから奏でられるやや不思議なリズムと時折混じる声やサウンドとの組み合わせで、会場にひと時の清涼感をもたらしていたように思える。聞くたびに印象の異なる彼のパフォーマンス、次回も楽しみだ。

最後のNUMB、彼は夜明け前の遅い時間にも関わらず叩きつけるようなビートで空間と人とを揺らしていた。

冷たい雨のためかやや人出が少なかったのが残念ではあったが、訪れた人々にとっては、自作のソフトウェアによるパフォーマンスや、身体そのものに訴えかける音、といった既存の電子音楽の枠にとどまらない様々な可能性を見出すきっかけの一つになったのではないだろうか。

森美術館そのものの開館まではまだ一年弱、今後サウンドやメディア・アート、またそれ以外の分野においても様々な展開がなされる事を期待している。

なお今回のCD「OPEN MIND」に収録された作品は池田亮司のサウンド作品を除き全て、森美術館のオフィシャルサイトからダウンロード可能となっている。今回のライブイベントの参加者に加え、AGE 5&UPによるスクリーンセーバを含むこれらの作品、サウンドに関しては残念ながらMP3圧縮されているためオリジナルとは異なったものとなってしまっているが、彼らに興味を持っているのであれば是非アクセスしてみることをお勧めする。

Open Mind Live Event
日時:2002年12月21日
会場:Roppongi Hills Information Center / THINK ZONE
住所:東京都港区六本木6-2-31 ZONE六本木ビル1F
TEL:03-5770-8824
www.moriart.org

Text and Photos: Jo Kazuhiro
Special Thanks: Jun Horikiri (portable[k]ommunity), Yukiko Shikata (Mori Art Museum)

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE