トーキョー・ストリート・スタイル

HAPPENING


シドニー・フェスティバルの共催で、青木正一の写真展「FURITS: TOKYO STREET STYLE」が開催されている。場所は、パワーハウス・ミュージアム。
1997年から2002年にかけて東京で撮影された、活気とエネルギーに満ちた作品が紹介されている。どの写真も、世界中のファッションデザイナーに影響を与えた、日本の過激なファッション・サブカルチャーをとらえたものばかりだ。

シドニー・フェスティバル2003の、ビジュアル・アートというプログラムの一貫として紹介されるこの「FURITS: TOKYO STREET STYLE」。写真家・青木正一にとっては、初の本格的な展覧会だ。

東京都内でもファッショナブルな地域とされる原宿のストリートファッションに、青木氏が注目し始めたのは90年代中盤。若者達のお洒落のしかたが、目まぐるしく変化をしているのに気付いたのがきっかけだ。ヨーロッパやアメリカのトレンドに流されるというよりも、例えば着物、帯、下駄といった日本特有の伝統的な衣服の要素を取り入れ、それらをハンドメイドの製品、古着、またはブランド品に、それこそ「DIY」精神で溶け込ませるのだ。

1997年、月刊誌「FURITS」を創刊。現在は、原宿の新鮮なファッションをフィーチャーする、カルト的なファッション誌だ。今回の展覧会で紹介されている作品も、この「FURITS」で掲載されたものだ。

パンク、サイバー、デコラを含む「FURITS」で見受けられるスタイルのいくつかには、シンプルな装いが、おもちゃやプラスチック製のジュエリーで飾り立てられており、それらが互いにぶつかり合う音が、聴覚的な質感をファッションに持たせている。アニメ「セーラームーン」に影響された服装もまた、人気のあったファッションのひとつ。ここ2年程は「エレガントなゴシック風ロリ−タファッション」が勢力を強めていた。黒いフリフリのレースがついたクリノリンスカートに、コルセット、そしてこうもりの形をしたハンドバックを手にしたお人形さんのような「ロリータ」達が、原宿の街を闊歩していたのだ。

個人的にオリジナルの工夫を取り入れたり、手作りの服装を楽しむということには、各々の「ルックス」が各々が支持するアバンギャルドのデザイナーやブランドがあることを示唆している。青木氏が「FURITS」でシューティングした「DIY」色が濃いカラフルな、BABY THE STARS SHINE BRIGHT、TAKUYA ANGEL、20471120、OHYA AND CHRISTOPHER NEMETHの服やアクセサリーも、同時に展示される予定だ。

本展覧会では、青木氏が撮影した70点以上にも及ぶポートレイトや、ファッションの写真を紹介。「FURITS: TOKYO STREET STYLE」は、原宿のスピリットを賞賛し、日本のファッションと人気のカルチャーが生み出す刺激的な瞬間を逃さないのである。

FURITS: TOKYO STREET STYLE
会期:2002年12月21日〜2003年7月27日
会場:Sydney Powerhouse Museum
住所:500 Harris Street, Ultimo, Sydney NSW 2007
TEL:+61-612-9217-0111
info@phm.gov.au
www.phm.gov.au

Text: Luca Ionescu from Luca Ionescu Design
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE