フレデリック・ダウバル

PEOPLE

昨年オープンした「GAS SHOP」ギャラリーで、第2回目となる展覧会が2月7日(金)から行われる。今回フィーチャーされるのは、アムステルダム在住のフランス人デザイナー、フレデリック・ダウバル。グラフィックやテキスタイルのデザインだけではなく、ファッションデザイナーとして、ワイデン&ケネディー、ナイキ、ポール・スミスなどをクライアントに持つ彼女の世界を楽しむことができる内容だ。展覧会開催を目前に控えたフレデリックに、その意気込みや、オリジナルブランド「PIECES」などについて伺った。


自己紹介をお願いします。

フレンチガールのフレデリック・ダウバルです。文学と美術をそれぞれ別々の学校で学び、その後、フランスとモントリオールでグラフィックデザインの勉強をしました。これまではずっと、フリーランスのグラフィックデザイナー、テキスタイル・デザイナーとして活動をしてきましたが、2年半前に独自のブランド「PIECES」を立ち上げました。

2月7日(金)から「GAS SHOP」ギャラリーで開催される展覧会について教えて下さい。この展覧会のコンセプトはどういったものですか?

日本で自然に発生した「ランデブー」です。

この展覧会のタイトルとして「Eclaircie en fin de journee (曇りのち晴れ)」を選ばれた理由は何ですか?

「曇りのち晴れ」とは、ご存知の通り天気予報でよく使われる言葉ですが、曇りから晴れになる時を気付くことなんてほとんどありませんよね。でもこれは、すごくステキでポジティブな考え方なので、個人的に好きです。日々、小さな出来事がたくさん起こります。それですごく嬉しい気持ちになったり、ぞくぞくしたり、いろいろですよね。その出来事が何であろうと、例えば、たった0.25秒でも、それはあなたのアドレナリンを目覚まさせてくれるもの…。そう思うのです。

展覧会ではどのような作品が発表される予定ですか?

ケーキでしょ、キャンディーでしょ、ワインでしょ…。おっと、これは二の次ですね。今回の展覧会では服や、Tシャツのような服、ジャケット、ドレス、パンティー、ハンカチ、ボタンといった作品を中心に、 「PIECES」のさまざまな作品を紹介します。「OVERPRINT」というタイトルがついた、グラフィック作品も何点か展示される予定です。新作やユニークな作品もあります。ぜひ、見にきて下さい。

ダウバルさんにとっては、これが日本では最初の展覧会だそうですが、日本についての印象は?

展覧会は初めてですが、日本に来るのは2回目です。この展覧会は、GASのスタッフのみなさんから贈られた、素晴らしいプレゼントだと思っています。すごく嬉しいです。日本は私の好奇心をくすぐる国です。昼夜問わず、街のどこでも歩くことができる。これはすごく刺激的でした。

ご自身のブランド「PIECES」について教えて下さい。

「PIECES」では「PIECES(作品)」を作っています…。でもこれって、かなり抽象的な言葉ですよね。と言うのも、あるひとつのものに執着して、それだけを作っているという訳ではなく、この「PIECES」という、いちメディアは、私が表現したいことによって変化するものだと考えています。私の作品は、いろいろな作業が組み合わさって完成されます。活動を通じて思うのは、もっと忍耐強くなりたいということ。 毎日そう思っていますし、そうすることは好きですね。

ファッションに対する考え方について教えてください。またグラフィックデザインのバックグランドはどのように作品に影響を及ぼしていると思いますか?

流行とか、新しいものをいち早く取り入れて、準備をして、売って…といった作業には、正直あまり関心はありません。でもその反面、他のデザイナーのクリエイティブ性にはものすごく興味があるし、彼らの服やそのほかの作品の革新的な部分を見つけたりするのは好きですね。作品上だけじゃなく、作ったりといった作業段階で見られるような、彼ら独自のビジョンを思いきって実行してみたりするという方法にもそそられます。特にそういったことが、私たちの日々の生活週間についての答としては望ましくなかった場合は、すごく好奇心が掻き立てられますよね。

グラフィックデザインのバックグランドがあるからこそ、今日の私があるのだと思っています。多分私は、2次元のものを作るのが苦手なんでしょうね。あと、人と常に関わってなければダメな人だと自分でも思います。その点、3次元の作品や服は、人に着られて初めてその魅力を増しますし、その時点でもう、私のものではないんですよね。
服を作る時に、服の上に言葉やイメージを載せない代わりに、グラフィックデザイン自体は、時折私の制作活動に影響を及ぼしたりします。アイディアやスケッチを見直したり、発展させたり、何かを作ってみたり、写真を撮ってみたり、コンピューターにダウンロードしてみたり、ハンドメードで作ってみたり…、そういったことすべてが、影響されている結果だと思います。

活動の地としてアムステルダムを選ばれたのはなぜですか?

チューリップがたくさん咲いているから!あと、リコリス (天草風味のキャンデー)が大好きなのもありますね。5年前までは、グラフィックデザインしかやっていなかったのですが、その頃、オランダのデザインカルチャー、そしてその性質に魅了されちゃったんですよね。その姿勢というか、特にタイポグラフィーのそれには衝撃を受けました。みんな人なつっこいし、クリエイティブについての気持ちも良い。これはパリとは明らかに違う点です。

アムステルダム、オランダで注目すべき出来事、アーチストはいますか?

ドローグ・デザインヘラ・ヨンゲリウスRE-MAGAZINEロッテルダム映画祭とか。腕のいい写真家も多いです。オランダ中に、デザインやファッションの学校がたくさんあるのも良いことだと思います。

アムステルダムのおすすめスポットを教えてください。

まずは自転車をゲットすること。そしてそれに乗って、ハイス・マルセイユデ・アップルフォームといった写真やアートのギャラリー巡りをする。フローズン・ファウンテンというショップもお勧めです。4月30日は女王様の日で、信じられないかもしれないですが、その日一日、国中がオレンジ一色になるんです。通りでは大規模なパーティーが行われますし、フリーマーケットの規模も半端じゃないですよ。

今後はどのようなプロジェクトが予定されていますか?

私とは違うフィールドで活動している人たちとのコラボレーションが予定されています。彼らなり、私なりの 「WEAR&PLAY」作品を作ります。あとは、自転車を修理したり。他の国に引っ越すのにも実は興味があります…。

“Eclairie en fin de journee”
A New Exhibition by Frederique Daubal
会期:2003年2月7日~3月2日
会場 :Gas Shop Gallery
住所:東京都目黒区青葉台1-28-14
TEL:03-5721-0233

Frederique Daubal
住所:Haarlemmerstraat 54,013 ES Amsterdam, The Netherland
TEL:0031 (0)6 18 05 02 53
frederique@daubal.com
www.daubal.com

Text and Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE