ライアン・マクギネス「THIS DREAM IS SO LIFE-LIKE」

HAPPENING

「GAS BOOK」から新生した「GAS」。すでに「GAS BOOK」や「GAS DVD」を通じて、才能溢れるクリエイター達のタイトルが多く発表されている。GAS発足と同時に「GAS SHOP」を中目黒にオープン。階下に併設されたギャラリースペースでは、昨年12月18日からライアン・マクギネスの展覧会が開催されている。
展覧会のタイトルは、「THIS DREAM IS SO LIFE-LIKE」。ライアンのトレードマークともいえる様々なアイコンやサインを繋ぎ合わせたデザイン壁画を中心に、絵画、シルクスクリーン作品、「GAS DVD」での作品の上映が行われている。今号では、本展覧会を企画した河内タカ氏によるライアン・マクギネスのインタビューをお届けします。

今回の展覧会は「THIS DREAM IS SO LIFE-LIKE (まるで本物のような夢)」というタイトルで行われていますが、どういった内容のものですか?

僕は夢やシュールレアリズム、不条理演劇がどのように現実の世界に関係するのかということに興味があるんだ。効率的な形で分かりやすく伝達するデザインのように、具体的な形に定着した美学にも興味がある。あえて人生を詩的、主観的解釈をする前者と、人生を表現するために出来る限り直接的、客観的であることを目指す後者のように、この2つの興味は本質的に反対のものなんだ。僕たちが現実だと分かっていることが、夢の世界だと思っていることに覆されていると想定したのが『THIS DREAM IS SO LIFE-LIKE』なんだ。本当はこの世界が夢なんだと僕は断言するね。“現実の”世界にそっくりなんだと僕は気付いたんだ。

Deitch Projectsで行われたショーのタイトルにも、なぜ“DREAM(夢)”という言葉を使ったのでしょうか?

Deitchでの展覧会はアーティスト、ジュリア・チェンとのコラボレーションだったんだ。僕たちの夢を育て、願望を実現させて夢を叶える庭環境を作りたかったから、「Dream Garden(夢の庭) 」と名付けたんだ。夢を育てるために、ちょっと庭の手入れをするだけで、全ての夢が叶うような世界だったら…と想像してみてよ。それが僕たちの住んでいる世界なんだよ。

サインやアイコンといったものを使うとき、もしくは作品に織り交ぜるとき、最初からストーリーやテーマなどがあるのですか?

それはないね。大抵、物語を展開させるために要素をまとめるんだ。そうすることで無意識(たぶん、もともとは普遍的無意識だと思う)に、作品の中で形にするのが可能になるんだ。一つ一つの要素は、そのデザインや内容の中で慎重に検討されるけれど、並列することで、もっとフリーフォームなアプローチを選べると思うんだ。作品の中での関連性は無意識のうちに作られることが多いし、大抵の人は僕とは違った作品の解釈をするからね。もちろん多いに結構なことだし、実際、いろんな解釈には励まされるよ。“この作品が意味するのは~”なんて解説すること自体、気取ってるし古くさいと思ってる。全ての発言が平等に扱われる、多文化で、多くの視野を持った流動的な世界に僕たちは生きているんだ。そして的確な解釈の中で、流動的で漠然とした作品を創るのが僕のゴールなんだ。とはいうものの、単に人間であるというだけで経験することを経たみんなにとって、身近に感じるテーマをにおわせることが出来たらいいと思ってる。無意識、またはぼんやりと作品作りをすることで、こういったテーマが浮かび上がってくるんだよね。

展覧会で壁画アートをすることが多いですが、その魅力は何でしょう?

作品が完成するにつれて、文字から音、言葉、文章、段落といったものを話、物語、神話、テーマ、そして最終的に世界全体に自分の世界を作り上げていることに気付くんだ。その世界というのは、僕がみんなに伝えたい、みんなを招き入れたい世界なんだ。壁に掛かっているだけの作品からは想像もつかないほどの大きさで、見ている人を直面させる環境を作ることができるのが壁画やインスタレーションだからね。

デザイナーの経験や背景からファインアートの作品を作るのは、どういった良い面があるのでしょうか?

見直して、再検討して、最終的に仕上げるための解決法を多く展開する前に、スケッチを何度も繰り返すように、僕の作品はプロセス重視なんだよね。僕が主に心がけているデザインの基本は、構成、線、形、そして色。これらの項目は、明確で直接的なビジュアル・コミュニケーションが目標とされるデザインの背景や教育から生まれるんだ。いろいろな意味で、このアプローチは、インスピレーションをキャンバスに描きなぐる神話的な芸術家の英雄とは正反対だろうね。

あなたは、Tシャツやスケートボードのデザイン、グッズといった商品がきっかけで名前が広まったアーティストたちの中の1人だと思いますか?

そうかもしれないね。自分ではよく分からないけど。もしかすると、従来のアートの世界以外の人たちから認められたのかもしれないね。

あなたは今でもたくさんの商品を作っていますが、こういった物を作る楽しみとは何でしょう? 今まで作った商品の中で一番気に入っている物は何ですか? そしてその理由は?

長い間すべてに影響されて生きてきた今、僕の人生を取り囲む物を作ることが出来るということは、とても権限のあることだと思う。というのは、課せられたモノカルチャーを受け入れる罠に陥ることなく、自分たちのために物を作るように人々を強要させる現状否定でもあるんだ。僕が今まで作った中で気に入っている商品は、スケートボーディングとデザインという僕自身を形成し、特徴づけた強い文化背景と結び付いている、「Supreme」のパントン柄のスケートボード・デッキ。僕が育った白人キッズの波乗り文化を反映した「The Beer Cozies」。本の形も気に入ってて、初めてインクの重ね刷りを試すことが出来た「pieceofmind」の本。でも本当は、多くの期待をもった現在制作中の物が、僕の一番のお気に入りなんだ。

東京の展覧会の他に、何か準備しているものはありますか?

此処、ニューヨークの「Printed Matter」で開催される「Products Are the New Art」という個展とパーティーの準備中だよ。本、DVD、カレンダー、キャンバス・バッグ、Tシャツ、カップといった新商品を発表するんだ。それから 12月に「Deitch」で開催するグループ展と、2月にロサンゼルスの「Black Marketギャラリー」で開催する個展の準備に追われてるよ。2月には新しいTシャツのラインアップも出るしね。そして来春には「flatnessisgod」の続編となる「flatnessisgodREDUX」も出版される。長期間のプロジェクトでは、3年間かけて「selfsameness」という本や、「pieceofmind」の続編となる「installationview」という本を制作しているんだ。


THIS DREAM IS SO LIFE-LIKE
A New Exhibition by Ryan McGinness
会期:2002年12月18日(水)~2003年1月26日(日)
時間:12:00~20:00
会場:GAS SHOP
住所:東京都目黒区青葉台1-28-14
電話:03-5721-0233
http://www.gasweb.jp

Interviewed by Taka Kawachi
Translated by Junko Tozaki

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE