RESFEST 2002

HAPPENING

世界最大級のデジタルフィルムフェスティバル「RESFEST(レスフェスト)」のジャパンツアーが、11月下旬から12月にかけて、東京ラフォーレミュージアム原宿、大阪なんばHATCHの2カ所で開催された。ここ数年のデジタル映像技術の進化が、アートや音楽・デザインのクリエイターにもたらした影響は計り知れないが、そうしたデジタル表現の「今」を、ショートフィルムという形にフォーカスして紹介し、これからの映像表現を占おうという、年に一度の祭典がRESFEST。今年も9月のサンフランシスコを皮切りに、世界十数カ国を巡回中だ。その東京会場の模様をレポートする。


RESFESTのプログラムは主に3つ。独自のカテゴリーに編成された最新映像の上映会、クリエイターの意見交換の場となるワークショップ、ゲストを迎えたトークの3本。それを4日間のスケジュールにちりばめる、という方法で紹介されている。連日、原宿に群がるキッズたちをかきわけ、ラフォーレ原宿の最上階へ通うのはどっと疲れたが、とにかくそんな喧噪すら追い風にするかのように、連日ほぼ満員近くの観客で賑わっていた。
「本当に多くの人が訪れるようになりました。ようやく人々がRESFESTの楽しみ方を見いだしてきたのかな、そんな感じがします。」99年の第1回目のジャパンツアーからプロデュースを勤める(株)ニューズベースの栗原元哉氏は、今回のRESFESTの印象を語った。

RESFESTの楽しみ方は、ショートフィルムの楽しみ方、とも置き換えられるかも知れない。ミュージックビデオ、広告などで日常的に目にする映像を、一個の作品として鑑賞することにすっかり慣れてきたし、また、比較的作りやすいショートフィルムを作るデジタル技術の普及も、その関心を高めている要因だろう。つまり、作り手にも見る側にもなんだか敷居が低い、のがショートフィルムであり、その集積であるRESFESTも、なんだか見ているうちに、自分でも作りたくなってくる、そうしたDIYスピリットが全体に漂っている。(そもそも96年スタートしたRESFESTの前身が、“low res festival”-解像度の低い映像をショーケースするフェス-だったところがすでにインディーな何かを物語っている…)

上映作品のプログラムは、世界各国から寄せられた1500以上もの募集作品の中から選出した約150本を中心に構成されている。ロックに特化したミュージックプログラム「Videos that Rock!」、ロードムービーだけを集めた「Drive Me Crazy」、デザイン系に焦点をあてた「By Design」、ドキュメンタリー映像の「True Stories」など、ユニークな1時間20分のフッテージが全部で13本と、かなりのボリュームだ。
そして、今回の一押しは、来日ゲスト、UKのジョニー・ハードスタッフ、USAのローガンのワークショップとトーク、11月23日のクリス・カニンガム特集。


Johnny Hardstaff *Photo by Mike Sheetal

ジョニー・ハードスタッフが「レディオ・ヘッド」のミュージックビデオとして制作し、ショッキングな映像で論議を巻き起こしたという「PULK/PULL REVOLVING DOORS AND LIKE SPINNING PLATES」は、巨大な遠心分離器にかけられたシャム双生児が切り離されるという比喩的な8分におよぶ作品で、ストイックでフェティッシュな画面とレディオ・ヘッドの漂流するようなメロディが共鳴しあって一つの世界を表現しており、何度見ても飽きない不思議な映像だった。


Information Contraband Dir: Logan, Music: Money Mark

一方、西海岸のデザインチーム、ローガンのデビュー作 「INFORMATION CONTRABAND」は、ビースティ・ボーイズのキーボード奏者、マニー・マークの曲にのせて、タイのB級アクションムービーをパロディ化した痛快なエンターテイメントビデオを実写とアニメーションで展開。ワークショップでは、グラフィックデザインをバックグラウンドに持つ彼らの創作活動も紹介された。


Chris Cunningham on RES magazine

待望のクリス・カニンガム特集は、彼の手によるミュージックビデオをカニンガム自身がセレクションし、それと本人のインタビューを編集した貴重なレトロスペクティブ。ヴェニス・ビエンナーレ、イスタンブール・ビエンナーレに出品、世界の現代アート界をも沸かす鬼っ子の作品一挙公開とあって、会場は超満員。プログラムの開始の際、総合プロデューサーのジョナサン・ウェルズが「Hello Chris, love from Tokyo!」と観客からメッセージをもらい、ロンドンにいるクリスにビデオレターを作成するというほほえましいイベントもあった。来年は、ぜひとも来日を果たしてほしい。


*Photo by Mike Sheetal

23日には、来日したジョニー・ハードスタッフとローガン、メディアレイピスト宇川直宏、SALマガジン編集長の大橋二郎を招いたトークショーが開催された。トークは、創作のインスピレーションからテクノロジーとセックスの関係にまで多岐にわたったが、ハードスタッフがレディオ・ヘッドとの仕事はコラボレーションというよりも強い信頼関係であり、トラックに制限されるミュージッククリップと、純粋な創作活動に違いはないと言い、それを受けて宇川が、イメージに向かってディテールをつきつめていくその作業に本質があると語ったのが印象的だった。また、予算が低いほどいい作品が生まれるという言葉に皆が頷いていたのも面白かった。すでに第一線で活躍しているクリエイターたちのベーシックな言葉は、多くの若きクリエイターたちに勇気を与えただろう。


Breath Control -History Of The Human Beatbox-Dir: Joey Garfield © 2002 Filet ‘0’ Fresh Productions

そんな感じで4日間、さすがに坐りっぱなしで、尾てい骨も辛かったが、本当に楽しませてもらった。個々の作品については、全部見たわけではないし、とうていここでは書き切れないので省略するが、やはりミュージックビデオには秀逸なものが多かった。また、意外とドキュメンタリーに面白さを発見してしまった。今回唯一の長編でフィーチャーされたジョイ・ガーフィールドの「Breath Control」は、人間の肉声だけでビートをつくりだすミュージシャンたちを80年代から追いかけた大作で、ドキュメンタリーの醍醐味をたっぷりと味わえた。デジタルカメラを持ち、街に出るというシンプルなアクションから生まれるドキュメンタリーには、アーティストの世界を見る視線がおしみなくにじみ出ている。一方、デザイン性がすぐれていても、コンテクストが弱いものには物足りなさを感じてしまった。テクノロジーのカタルシスを追究しつつも、ショートフィルムならではのコンパクトでシャープなコンセプトにやはり期待したいところだ。

作品には、すでにストリーミングで見られるものも多くあったが、こうしてダイナミックなシアター形式で鑑賞する醍醐味は、また格別だ。しかしできることなら、今後プレゼンテーションの方法にもっとバリエーションや工夫が可能ではないかなと思った。「BY Design」のプログラムで紹介されたダグ・エイケンの「ウィンドウズ」は、東京オペラシティアートギャラリーでの個展でも発表された本来インスタレーションの作品で、明らかに作品の強度が違っていた感がある。ただ、それを差し引いても、これだけの最新映像を、プロアマ問わず、音楽やデザインやアートの境界を超えて、純粋にまとめて見られる機会はそうめったにないから、貴重だ。

ジョニー・ハードスタッフは、今回のRESFESTの印象を「ヘルシー」という言葉で表現した。プロアマ問わず、ものづくりへの純粋なリスペクトに溢れるRESFESTは、健全なクリエイティブ・スピリットに満ちていた。ワールドワイドに広がるデジタルフィルムのネットワークにふさわしい形で、来年もパワーアップして開催されることを待ち望みたい。

RESFEST 2002 JAPAN
会期:2002年11月21日~11月24日/東京ラフォーレミュージアム原宿
   2002年11月29日~12月1日/大阪なんばHATCH
主催:株式会社ニューズベース
共催:RES Media Group (米国ニューヨーク州ニューヨーク市)
問い:RESFEST Japan Tour事務局 株式会社ニューズベース
住所:東京都渋谷区神宮前6-17-10 原宿アールビル3F
TEL:03-3406-8835
resfest@resfest.jp
http://www.resfest.jp

Text and Photos: Chiaki Sakaguchi From VOID Chicken
*Photos: Mike Sheetal

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
スティーヴン・チータム
MoMA STORE