ホームシック・マガジン

THINGS


Cover Sculpture by Human Five


日に日に低くなる空を眺めては、今日は何人もの人がこの街を去り、またこの街に戻ってきたのかなと思う。一歩外に足を踏み出した瞬間から、「故郷」を愛らしく思うなんて、勝手かも知れない。けれど、自分が育った街が恋しくなるのは感謝に満ちたホームへの愛の表れだと思う。

「エブリワン・ゲッツ・ホームシック」と言い切るマガジン「ホームシック・マガジン」はカナダで育ち、そしてそのカナダを一時離れ、異国での活動経験を積んだアーティストを紹介している。


Artwork by Mia Thomsett

第一号は、バンクーバー。ヒューマンファイブ、ドリス・チャン、アトマス、エイミー・ロックハート、クリス・ジェーグリー、ミア・トムセットのアートワークが本誌で取り上げられ、付録のCDではトム・スバブのフォトベース・デジタルフィルム、マーク・ベルク、チャッド・ハウザーによるホームシック・サウンドトラック、エイミー・ロックハートのプロフィールビデオが収められており、またホームシックマガジンのウェブサイトにもアクセスできるようになっている。

わたしたちは日常生活の中で雑誌を手にする機会が多い。そこでエディター、ジェニファー・ニコルズは身近でフレンドリーなマガジンをギャラリースペースと化することにより、アートがよりわたしたちにとってアクセスしやすくなるのではと、このマガジン制作に取り組んでいる。この次はトロント、モントリオール、ウィニペグ、ハリファックス、レジャイナ、エドモントン、そしてナンヴィットとホームシック探しは続く。


Artwork by Amy Lockhart

スパインデザインをオンタリオ州出身のジェイソン・マックリーンが手掛けており、すべての号が揃えば…なんていうお楽しみつきだ。

経験と成功を求めての独り立ち。そこで築き上げたものは「今までの自分」と「これからの自分」。たくさんのことを吸収し、作り上げられていく自分自身をしっかりと支えてくれているのは、いつも「ホーム」である限り、わたしたちは「ホームシック」を味わい続けるのかもしれない。

Homesick Magazine
jen@homesickmagazine.com
www.homesickmagazine.com

Text: Aya Takada from SML-(6j6)

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE