パスカル・タレイユ

PEOPLE


今回は、私の友達パスカル・タレイユを紹介したいと思う。彼と会ったのは私がまだ学生だった頃。彼も、アルルにある有名な写真学校の学生で、本当に写真に夢中だった。かなり並外れた方法で、古典的な写真を制作していた。

自称放浪写真家であるパスカル・タレイユは、南フランスを放浪しながら撮影、販売を行うことで生計を立てている。ポートレイトを撮影するタレイユだが、ヌード写真の達人でもある。

それ以外にも色情的なイメージも撮影。フォトジャーナリストとしても同様の方法で作品に触れる事から、彼のアプローチはユニークと言えよう。また他のどのアーティストよりもジョセフ・クーデルカに敬意を払っている。「ジャーナリストが撮るような写真を撮るようにしています。彼と私の唯一の違いは、私の対象物が大抵ヌードである、ということです。戦争の現場を追っているジャーナリストと同様に、私はシャワー&ベッドルームを追う特派員になれたらと思います。」と彼は言う。そして面白がるように「風呂に入るとか、とにかくヌードになる時は私を呼んでほしい。私の使命は、その事実を世界に知らせる事なのです!」と付け加えた。

彼は現在、自身の作品集「CORPS PARTAGES」を出版したばかり。予約販売なので、興味ある方はぜひ彼に連絡を!

Pascal Tarraire
住所: 438, chemin de la Plaigne 63500 Issoire France
TEL: +33 (0)6 71 95 93 25
PASCAL.TARRAIRE@wanadoo.fr

Text and Photos: Jerome Lacote from 6um
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE