ロホ・マガジン

THINGSText: Taketo Oguchi

日本ではビジュアル表現にフォーカスをおいた、ビジュアルマガジンがここ最近見られるようになってきたが、スペイン、バルセロナにも誕生しようとしている。ROJO(ロホ)・マガジンだ。制作を手掛けているのは、バルセロナのニューメディアプロダクション、シントニソン・スタジオ。設立者のスザンナとデビッドに発行のきっかけやその内容について伺った。


Art work by Andy Rosenthal

まず、あなた自身について教えてください。何故この雑誌をはじめようとしたのでしょう?

主にスザンナ・デル・バレとデビッド・クゥイルズによるシントニソン・スタジオは、バルセロナの他民族街、プラザ・デル・ソルの近くにあります。スザンナは、MBAを取得し、ほぼ全ての仕事をカバーしています。デビッドはマーケティングエグゼクティブの後、ブラジルの有名スポーツブランドのプロダクトデザイナーを経験し、ここではコントリビューターとデザイナーのコーディネートを担当しています。シントニソンは、様々なクライアントとの仕事をこなし、他のどこにもフィットしないような作品を世に送りだすメディアを作り出そうと決意したわけです。コントリビューターの、かなり私的なものを発表する場を編集の限界を考えずに提供したかったのです。

雑誌制作にかかわるメンバーは何人で、どのように制作していますか?

3つのプロジェクト(印刷、オンライン、テレビ)を一緒にする時は、6人と4つの協力スタジオで制作されます。バルセロナのフィルムスタジオであるスーパーメディア、エクストリーム、パリのア・フォーム、サンパウロのザッグがその4つで、他にも世界中から75名を超えるコントリビューターが参加しています。


Art work by Oliver+Stoof

コントリビューターについて教えてください。どのような人が参加していますか?

自分の仕事を他に持っている人達を求めています。コックからグラフィックデザイナー、建築家、詩人、演出家、そしてワインテイスターに至るまで、毎日創作活動に携わっている人達を。アイディアや感情的なステージを表現するプロジェクトに関わる人達や、個人的な環境としてクリエイティブな世界を持っている人達をね。新しく生まれたロホ「スタート」イシューで協力してくれた沢山の人達に感謝の気持ちでいっぱいです。コントリビューターは、素晴らしいアーティストであると同時に素晴しい人間なのです。私達は、作品はおもしろがったり、楽しむものだと信じていますが、彼等とコラボレートできて正解だったし、とても満足しています。沢山友達もできましたし。


Art work by Robbf

テーマの「スタート」は何故このテーマなのでしょう?毎号テーマがあるのでしょうか?

英語とカタロニア語での「スタート」という言葉で遊んでみました。「始まり」というのが英語でのこの言葉の意味で広く知られているけれど、カタロニア語では「もう遅い」という意味なのです。このプロジェクトを本来もっと早くからするべきだったのに、という私達の気持ちも含まれているのです。でも、これは単に赤ちゃんの名前にすぎない。名前はテーマとして使われることもあるけれど、それにこだわるつもりはないです。表現を自由にしたいんです。テーマはあってもしょうがない時がある。次の号は「プラス」というテーマがつけられる予定です。その次は「エクストラ」の予定です。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
カラードットインク
MoMA STORE