マーメイド・パレード 2001

HAPPENING


人々は、活動する。人々は、特に何の理由もなく活動する。彼らは、ただ楽しいから活動するのだ。彼らは、何かちがうから活動するのだ。人々は、何かするために活動するのだ。マーメイド・パレードはまさにそうしたものだ。

19日、6月の暑い日ざしの中毎年恒例のマーメイド・パレードが、ニューヨーク、ブルックリンにあるコーニー・アイランドにおいて行われた。人魚の好きなように仮装した何百という人達、そしてコーニー・アイランドのサーフアベニューを歩くパレード。若者からお年寄りまでたくさんのグループが、踊ったり歌ったりして群集を楽しませながら、この大通りを練り歩く。このパレードに参加した人はもちろん、みんな心から楽しんで日々の労働から解放される。マーメード・パレードは毎年6月の下旬に行われ、夏本番とビーチシーズンの到来を伝えている。どういう訳か、毎年このパレードが行われる日は快晴で暑い。

「ネプチューン」、「マーメード」、「サーフ」といった名前の道を持つコーニー・アイランドは、大西洋に面するニューヨーク独立区の南端に位置し、ニューヨーク市街と同様に世界で名を知られている。かつては競馬、ボクシング・リング、遊園地などで国際的に有名だったが、第2次世界大戦後は高層の低所得家庭向けアパートのビルを建てるために、コーニー・アイランドの大部分が工事現場と化した。結局ここもまたスラムとなってしまい、観光客を遠ざけてしまった。が、今でもコーニー・アイランドは大変ユニークな性格を持っている。

そこには「サイクロン」というアメリカで最も古いローラー・コースターがあるし、もちろん「マーメード・パレード」もユニークな性格の1つであるというのは言うまでもない。このマーメード・パレードは、住民の、住民のためのイベントなのだ。これが、典型的ニューヨークの姿だ。

Text and Photos: Rei Inamoto From Interfere
Translation: Naoko Ikeno

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE