ベルリン・イン・ホンコン展

HAPPENING

TAMAR SITE では、1ヶ月間にわたってベルリンの様々なアーティストのパフォーマンスとエキシビジョンを開催。入口は、竹のインスタレーションで構成されていて、僕が思うに、ベルリンのアーティストの指示のもとに中国人建築作業員が作ったものだと思う。期間中何度か足を運んで、K7レコードのTERRANOVAのライブとエキシビジョンを見ることができた。女性ボーカルとレゲエスタイルのラップをフィーチャーしたTERRANOVAのライブでは、ドラムやシンセ、DJとのジャムセッションなどを取り入れつつ、ミニマリストハウス、テクノ、ヒップホップ、ディスコサウンドをプレイ。有名なアンダーグラウンドクラブサウンドのダブバージョンなどもあったが、即興セッションは新鮮で、最高のバイブを聞かせてくれた。


しかも、クラブファッションのデザインからスペースカウボーイズのシンガーまで、クラブシーンで14年のキャリアを持つベルリンのクラブアーティスト、ダニエル・ピッキートも登場し、クールなアートユニット、チューリップ・エンタープライズも、デザインとモーショングラフィックスでイベントに参加した。

彼等のプレイが早く終わった日に、僕自らレコードをまわす素晴らしい機会を得ることができた。ジミー・ホワイト、キム、そして僕の3人で地元のDJを代表してプレイ。僕の生涯の夢が今叶えられた。美しい港に面した野外ステージでプレイしたのだが、いつもと違ってすごく印象に残る経験だった。

ひとつだけ残念だったのは、イベントの宣伝が十分でなかったために、観客動員数があまりなかったということ。こういったイベントは、香港でもっとたくさん開催されるべきなのだ。今回の素晴らしい機会に感謝。

ベルリン・イン・ホンコン展
会場:TAMAR SITE

Text and Photo: Calvin Ho from Atomic Attack!
Translation: Mayumi Kaneko

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE