スザンナ・エドワード

PEOPLE

先月、このコーナーで紹介した「デザイナーズ・ブロック展2000」のグラフィックを手掛けたスザンナ・エドワード。かの有名なロンドンのデザイン学校、セントマーティンで、幅広いバックグラウンド、カルチャー、国籍を持った生徒達にイラストレーションを教える先生でもある。
彼女の考え方は独特で、デザイン哲学のキーワードは「プロセス(過程)」。自分の手を汚すことを楽しんでいるようだ。まさに、ローテクとハイテクの対決と言えるだろう。


まず始めに自己紹介をお願いします。

1975年にスコットランドに生れ、その後デボンに移り、今はロンドンで仕事をしながら生活をしています。
ロンドンのセントラル・セントマーティンのBAコースでイラストレーションを勉強しました。学生の間は、いろいろな種のメディアを学び、そしてクラフトデザインに興味を持ちレタープレスやプリントメイキングを通じてデザインの歴史や基本的な原理、デザインテクノロジーを含めたものがなくてはならないものとなりました。
1996年からインダストリーで仕事を始め、フリーランスとして、自分の出版を含め、ウィンドウディスプレイ、アートダイレクション、エキシビジョン、プロジェクトのリサーチ、イラストレーションに関するタイポグラフィ、本のジャケット、デザインの依頼など様々な種のプロジェクトの注文を受けてきました。
以前に受けた仕事/クライアントは、ロンドンにあるコンテンポラリー美術大学、フォトグラファーズ・ギャラリー、ホワイト・チャペル・ギャラリーのブックショップとディスプレイ、ポールスミスのウィンドウディスプレイ、セルフリッジ・デパート、ベースライン・マガジンの22号、デザイナーズ・ブロック展などです。

どのように「デザイナーズ・ブロック2000」のエキシビジョンは進められましたか?

ロンドンの東にある「SAME」と呼ばれるアウトレットで私の作品を売っていたのがきっかけです。「SAME」は、ピアーツ・ロバートとロリー・ダットにより設立され、彼ラは今回のデザイナーズ・ブロック・エキシビジョンの主催者でもあります。同展は、毎年ヨーロッパや日本からコンテンポラリーな家具、プロダクトやライトを集めロンドン周辺の興味深い建物で開催されています。
今回、彼らからはエキシビジョンのグラフィックアイデンティティを彼らと共に創設するように依頼を受けました。私の役割はロゴ、印刷物、サイン、旗幕、ウエブサイト、演出や設置などです。

エキシビジョンのためのあなたの仕事をもう少し詳しく教えて下さい。

私は「デザイナーズ・ブロック 2000」のためにレタープレスを使いイニシャルアートを創作しました�。伝統的な方法での印刷物のレタリングをコンピュータにスキャンをして取り込み、一つにする。私の目的はクラフトの要素をデザインに取り入れ、イラストに持っていくというデザイン内のプロセスです。この伝統的な方法と新しい方法の混合が歴史的なセッティングのなかでのコンテンポラリーなデザインを平行させることになるのです。
形と機能は「茶色の紙袋」を使うという方法からウェブサイト上のアートワークのイラストの経過までもがデザインの時点ではっきりとしていました。私の一番の目標はグラフィックを簡単なスタイルに保ち続けることでした、このエキシビジョン自体が人に伝えるので複雑すぎた「巧妙な」グラフィックは必要ではありませんでした。そして、またロンドンの「DEEPEND」や「ARTOMATIC」と共に仕事をしました。彼らはデザイナーズ・ブロックのフォームに関して討議しながら、アイデアを進めたり、ウェブサイトを製作しました。

あなたの視点からデザイナーズ・ブロック・エキシビジョンは、どのように写りましたか?

とても成功したと思います。このエキシビジョンでは、世界からたくさんの種のコンテンポラリーな作品、クリエイティブなアイデアや才能を華麗なゴシック調の屋根に歴史と共に引き出すことが出来ました。そして訪れた人達からはとてもすばらしかったというたくさんの肯定的な反応が返ってきました。デザイナーズ・ブロックは、これからもとてもエキサイティングな成長、変化の可能性があり、来年のイベントの企画にうまく取り入れられるでしょう。

普段はどのような方向性で作品を進めているのですか?

スケッチブック、写真、他の関係の仕事やアイデアとのコミュニケーティング、レタープレス、フィルム、アートダイレクション、タイポグラフィック イラストレーション、手作業+デジタル、リサーチ。そして一つの仕事にリミットを決めない。私は作品をよく最後の作品をつくるためにいろんなプロセスを経ることが多い。グラフィックは、広い範囲でいろいろなスキルを必要とし、もはや一つのエリアだけで作品のすばらしい自由さなどに問題を引き起こす定義や仕事の説明を専門にするものではないように思う。

クライアントは普段あなたのすることを理解していますか?

はい。なぜなら私のプロジェクトは私自身が着始し、私のスキル、アイデアもしくはデザインへのアプローチによって雇われるから。

セントラル・セントマーティン大学の学生にグラフィックを教えることはどうですか?

とても楽しいです。講師と学生が互いにデザインのアイデア、実験作業、アプローチなどを学ぶという経験は貴重なものでした。ほとんどの講師が私のように産業に関わり、教育に生のブリーフや、ゲストのレクチャー/演説者などを経て、学生は絶えず新しいアイデア、デザイナー達や作品を広告、イラスト、フィルム、オーディオビジュアル、カルチャーの勉強、写真などの広い範囲に渡って紹介することができます。私のエリアは1年生のイラスト/プログラムのイメージ作り、2年生ではイラスト、そして全てのエリアをそれぞれ合併して教えることもしています。

これまでのあなたのキャリアで良い点、悪い点それぞれ何がありましたか?

今まで自分から着手したものや、部分的の関わったもの全ての仕事を思い返すと、とてもエンジョイしたし、満足しています。良い点は偽りなく、興味深い熱烈な人々と出会うことができ、仕事を一緒にしたことです。悪い点は出版したものの中でクレジットが抜けていたことや、お金を請求すること。そう、そして資金援助の申し込みを集めること!!

影響、インスピレーション、そして興味は?

クラフト、セントマーティンのスタッフ、クリス・ダート、リチャード・ウエントワース、友達、音楽、科学、レタープレス、デザインによるテキスチャ−とテキスタイル、新しい場所、カンフー、学ぶこと、料理、そしてロンドン。

今後の予定は?

熱中になれるプロジェクトに働き続けること、旅行すること、良い友達がいる環境で楽しく過ごすこと、両親にコンピュータを買うこと、もっと学ぶこと。

DESIGNERS BLOCK 2000
会期: 2000年10月5日〜8日
www.designersblock.2000.co.uk

Text: Karl and Yasmeen

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
アレックス・ヴェルヘスト
MoMA STORE