ミックス・ムーブ

HAPPENING


5年前から毎年9月に開催されているエレクトロニックミュージックのイベント「MIX MOVE」が、今年もパリで開催された。DJやレーベル、技術者を一堂に集め、フランスのバイブレーションを作り上げようというイベントで、当初はプロフェッショナルな人達のためのミーティングのような感じだったのが、今ではエレクトロニックミュージック、ニューメディアに興味がある全ての人のためのイベントへと発展した。3日間の会期中、コンサートやDJによるパフォーマンス、新発売のマシンの発表会などが行われた。

今年の「MIX MOVE」は、パリのニューテクノロジーの実験場として知られる「科学産業都市博物館」で開催され、毎年開催されるエキシビジョンに新しい方向性を与え、よりマルチメディアで特にネットワークを主体としたものへと音楽を新たに進化させる絶好の機会となった。
イベント会場では、レイブパーティーを開催しているテクノレーベル「EPOLEPTIK PRODUCTIONS」や、NTMのラッパー、ジョイ・スターが発行するフランスで最も人気のあるヒップホップマガジン「RADIKAL」など、あらゆるレーベルや雑誌が集結。当初、「MIX MOVE」がビジネスであったように、彼等は皆、自分達のビジネスのプロモーションのためにその場に集まっていたようだ。
また別の会場では、フランスのヒップホップグループ「LE PEUPLE DE L’HERBE」や、コンピューターを使ってインストロメンタルダブを展開する「IMPROVISATOR DUB」など、多くのミュージシャンが至る所でコンサートを開催。その近くでは、地元のDJ、DEE NASTY (RADIO NOVA) とヒップホップバンド 「TROUBLE MAKERS」が交互にプレイし、様々異なるセンスを持った80名を超えるアーティストのライブパフォーマンスを見ることができた。

イベントの最も商業的な部分は、大企業による新製品発表会場だ。KORG は、シンプルなノイズや、スクリーンに指を乗せることによってサンプリングした音を変調することができる「カオスパッド」と呼ばれるエフェクツコントローラーを使ってグルーブを作り上げることができる最新サンプラー「ELECTRIBE S」を発表。また、BST、TECHNICS や、デジタルピッチ付きのCDターンテーブルを発売した PIONEER の最新ターンテーブルも発表された。デジタルミュージックに興味があるミュージシャン達にとっては、一種のスーパーマーケットのようなもので、実際にそれらの製品に触って試してみることもできた。DJによるデモンストレーションも行われ、彼等のスクラッチは素晴らしかった。

ビデオルームでは、「イメージのミックス」というありきたりなテーマでビデオクリップがいくつか上映されていたが、独創的で革新的なものは1つも見あたらなかった。今回のエキシビジョンでは、主に新しいネットワークを通して音楽を考える方法の基礎を固める試みに焦点が置かれ、コンサルタント目的でユーザーの流れを提供するインターネットサイトやオンラインショッピングサイトなど、純粋に商業的なものも中にはあったが、世界中いろいろな場所にいるミュージシャンがインターネットを通してリアルタイムで曲をミックスするワークショップ「DJ UP」も催され、興味を引くものもあった。エレクトロニックミュージックは、数年のうちにネット上でより有効なものとなることだろう。

イベントの最終日には、DJ ABDEL や CRAZY B、CUT KILLER などフランスのDJを集めてDJセッションが行われた。今回のイベントでは、ラップから実験的な音楽まで、様々なミュージシャンを一堂に集め、フランスの音楽が進むべき道を提示するものとなった。

Text and Photo: Julien Villaret
Translation: Mayumi Kaneko

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE