フリフリカンパニー展

HAPPENING

先月号を読まれた方はご存知かと思うが、フリフリカンパニー(以下フリフリ)が11月2日〜14日にかけてHARAJUKU GALLERYで展覧会を行った。
海外の展示への協力が多かった彼等。国内初となるこの展覧会では、今までの「カワイイ」系の仕事とは全く違った切り口で非常に「強い」作品を僕らに投げかけるものとなった。


展覧会のタイトルは『FuriFuri Thangka』(フリフリタンカ)。タンカとはチベットでは仏画の意味。7枚の巨大なイラストレーションには女性の姿をした仏の姿が描かれている。彼女(仏)らの姿はアニメやマンガの文脈で描かれ、背後にはテクノの文脈でリミックスされた曼陀羅の空間が広がる。彼等が提唱するこの『Spiritual Manga Style』(スピリチャル・マンガ・スタイル)というチベット、中国、日本の仏像や曼陀羅の中の神や仏とアニメ、マンガ文化のリミックス手法は、彼等の世代の精神性を最も的確に象徴する表現のひとつかもしれない。

フリフリ代表の程亮弼(てい・りょうすけ)は華僑三世のクリエイターとして、アジア人としてのアイデンティティを深く考えながらモノづくりに取り組んできた。キリスト教の神やその文化より仏教文化を愛し、かつてはバックパッカーとしてアジアを放浪したこともある。そんな彼や(フリフリの)メンバーにとって仏教文化は、創作活動や暮らしの中でリアルな存在として共有されているのだ。

展覧会場は照明が押さえられたシンプルな空間に、作品がシンメトリックに配置された堅牢な空間構成だ。決して奇をてらうことなく作品のみの「直球勝負」をすることによって仏画の空間が厳かに立ち上がっている。また焚き続けられるお香の香りと、BGMのトランスミュージックが空間をさらに強固なものにするのに一役買っている。
そして興味深かったのは、紙に出力したものとは思えない深みや重みがある画面である。よく見ると紙はキャンバス地のテクスチャーを持つ特殊なもので、さらに表面には2層の加工処理がされていた。一見は紙にみえない素材である。これは(株).Tooの協力によって実現したという特殊な出力だという。このような出力技術が彼等の直球勝負をより迫真に満ちたものとしていた。元々現代美術家としてファインアートの見せ方を追求していたこともある程だけに、このシンプルな空間づくりへのこだわりは納得である。今までには見られなかった「強い」フリフリである。

展示されたイラストはすべてw90cm×h158cm、w90cm×w90cm程度の巨大な画面だ。マンガの手法で描かれた仏教の神々が、テクノの文脈を持った緻密な曼陀羅を背景にしているこれら未来の仏画は、印刷やモニター、プロジェクターのどのアウトプットで観るよりも厳かに観客を包み込む。神々(キャラクター)を描いたのは佐戸川美穂(さどがわ・みほ)、そして背景は伊藤逸雄(いとう・いつお)、画面づくりのコンセプトと展示計画は程といった具合に、作業は全く分業で制作されている。
また、山田タロウ(やまだ・たろう)による白地のエンボス処理に銀の箔押しがされている非常に完成度の高いダイレクトメールも印象的だ。
こうした全く破綻がないチームワークで、一見相反するデジタルと仏画の文脈を調和させていく仕事を観ると、今回の『スピリチャル・マンガ・スタイル』が気負ったコンセプトではなく、彼等にとってそれは消化された世界観なんだということを実感させられる。

正直僕はこの展覧会を見るまで、デジタルな手法が実の空間に本当に耐えうるのだろうかと思っていた。細部は省略して画面自体を大づかみにとらえる油彩的な世界とは違い、今回のデジタルツールで描かれた仏画群は日本画や曼陀羅などのアジア文化圏の持つ緻密な線と構成的な画面と相性がいいらしい。神々はマンガのタッチで描かれているが、堅牢な画面構成の中でマンガ性やテクノ、SF的な未来的なコスチューム、そして露出度も高い美少女から、生々しさが見事に昇華されている。そして大きな出力によって均質に描き込まれた細部は観る者を引き込んで離さない。

今回の展覧会の試みについて程は「デザイン系なのかファイン・アート系なのかというどっちつかず感があるかもしれない。でもこれに固執する気はないし、いつでもバックパッカー精神でやっている。」という。しかしどっちつかずというよりは、今回の試みでフリフリは両者を橋渡しするような表現を得たとも言えそうだ。実際一部のアーティストを除いては、この2つの世界のクリエイターはそれぞれ違う活動をしているし、そのファンもそれぞれ別である。そしてプロ集団として商業的な現場で頑張るフリフリとしては、クライアントのいない今回のプレゼンテーションは、広くクリエイター達への宣戦布告とも言えるかもしれない。「かわいいだけじゃない、かっこいいフリフリっていうのもあるってことで」と笑いながらも程はいつも真剣に語る。
フリフリのファンを集めて渋谷XPで開かれたラウンジパーティも大盛況だったらしい。こうしたカフェ的な企画の可能性も多いに考えていきたいと語っていた。

今後この『スピリチャル・マンガ・スタイル』の作品をひっさげてフリフリは再び海外に進出する。海外の人にどう評価されるかが非常に興味深いところだ。今の日本人を象徴するモチーフが集結したこれらの作品が語るものは多いと思う。

フリフリタンカ展
会期:1999年11月2日〜14日
会場:HARAJUKU GALLERY
住所:東京都渋谷区神宮前2-30-8 中山レジデンス306
TEL:03-5414-5443

Text: Chibashi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE