際眞田岳彦展「身体と生命のキワ」

HAPPENINGText: Atsuko Kobayashi

羊・馬・山羊といった獣毛を紡ぎ、糸くるまで轢き、ニットに編み上げる。縮充させて出来るフェルトを何千パーツも合わせコートに縫い上げる。このようなプリミティブで丹念な作業で服を作り、衣服という形を通してコンセプチュアルな作品を作り続けているアーティスト・眞田岳彦の個展が行われている。

artmain1998_5
「内に外に」際眞田岳彦, 1998年, 羊毛 © Sanada Studio Inc./眞田造形研究所

作品のアイディアのベースとなっているものは、北極圏グリーンランドを旅し、イヌイット族とともに生活した時の経験だという。『仲良くなったイヌイット族の男性が、ある日突然亡くなってしまった。氷の家に残されたのは、彼の着ていたアザラシの毛のコートと、屋根から吊されたこれから作る予定だったアザラシの皮。命がこの世からなくなってしまっても、残された服からはいつまでもその人の魂や肉体を思わせる。その時の思いが強烈な印象となって、現在の創作活動へと導いている』と眞田氏は語っていた。

当然、このような作品を作り個展を催すまでになるには、服飾デザイナーとしてのバックグラウンドがある。新しい素材の開発や造形的なデザインが得意なイッセイ・ミヤケでデザイナーとして働いていたこと、そしてその後ロンドンで彫刻家、リチャード・ベーコンの元で学んだ経験は、作品に大きく影響を及ぼしている。

今回の展示に合わせて、見せるだけでなく、実際着られる作品を限定販売することとなった。シワのよせられたシルクのプルオーバーとカーディガンで、シワは着る人が自由自在に付けることができるもの。これらは展示会場となっている国際フォーラムのアートショップで買うことができる。

服をモチーフにアート作品を作る作家はとても少ない。コラボレートできるアーティストやキュレーターを探しているそうだ。今年11月29日から来年1月末までアムステルダムのマゼー・ギャラリーにて、ジュエリーデザイナーとの展示会が予定されている。

眞田岳彦展「身体と生命のキワ/際」
会期:1998年5月29日〜7月12日
会場:東京国際フォーラム エキジビション・スペース
住所:東京都千代田区丸の内3丁目5−1
TEL:03-3286-6716
http://www.sanada-studio.info

Text: Atsuko Kobayashi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE