NIKE 公式オンラインストア

カール・ハイド

PEOPLEText: Nicolas Roope

とりあえず、僕は家族よりも会う機会が多いトマト/アンダーワールド。でも、全てを知っている訳じゃない。
「ボーン・スリッピー」の成功の後、1年の充電期間を経て、彼らは再びスタジオに入った。
階段を登ってアンダーワールドのオフィスへ。すると今回のインタビューの相手である、カール(ハイド)がすぐ目に入った。彼は懐かしい写真などを見ていたので、昔の話や、これからの事など、沢山の話が聞けるなと予感した。

今見ていた写真は、次のアルバムのためのビジュアルですか?

いえ、アルバムにというわけじゃないですよ。忙しくなる前にちょっとやっておかなければならなくて。というのも、これからトマトの作品集の制作と、2つの展覧会があるのです。一つは5月のロッテルダムと、もう一つはドイツ、ドゥセルドルフのビルボード。トマトのメンバー一人が一つづつのビルボードを担当するので、何か面白いことをしたいなぁと思って考えているところです。また、アンダーワールドのニューアルバムと、ライブツアーの予定と同じ時期に重なった事もあって、ツアーの為のインプロビゼーションにもなっています。

アルバムの曲作りはどうですか?

資生堂のトマト展で使ったインスタレーションの為のサウンドを曲と曲の間に使おうと思っています。また、インスタレーションの場合も、テキスト、ミュージック、コード、リズムが、バラバラに点在しているのですが、アルバムの曲作りも同じようなもので、リラックスして楽しみながら進行しています。

アルバム用に歌詞はもう書いていますか?

歌詞というよりも今は「テキスト」に力をいれています。私が書いたテキストをいろいろな声で来週くらいにレコーディングする予定なので、それをディスクに焼いて、それをカットアップしたり、サンプリングしたり、ライブでプレイしたりと、初期のアルバムから私達はいつもこのようなメソッドを使います。僕にとって、資生堂の展覧会で素晴しい発見をしたことの一つは、自分以外の声でも満足するものができたということでした。これで私自身すごく自由になれました。

タイトルは決まっているのですか?

まだ決まってません。「What was it」というのが新作のタイトルと思われているようだけど、正式なタイトルではありません。今のところいいタイトルが見つかっていません。9月に出す予定なのですが、6月には1曲上がると思います。グラストンベリーをやってから、ヨーロッパで2、3のフェスティバルに参加して、夏にはアメリカで何日かやったあと、イギリスに帰ってくるのですが、7月の末までには少し落ち着きたいと思っています。
ツアーと同じ頃に、新しい本が出ると思います。今はそのことばかり考えていますが、エキサイティングです。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
カラードットインク
MoMA STORE