高嶺格 展「GOOD HOUSE, NICE BODY〜いい家・よい体」

NEWSText: mariko takei

高嶺格《Good House, Nice Body: 私を建て、そして通り過ぎていった者たち》 (2010) よりスチル © Tadasu Takamine

金沢21世紀美術館では、長期プロジェクト「高嶺格 Good House, Nice Body〜いい家・よい体」が4月29日より開催されている。

MoMA STORE

パフォーマンスからインスタレーション、映像、写真作品に至るまで多彩なアプローチのもと、常に自身の体験や身体を絡めながら社会的論点を炙り出してきた高嶺格。今回の展覧会は、「Good House」と「Nice Body」の2つのプロジェクトから構成され、公募で集まったメンバーと作家との共同作業を通じて実現される。

長期インスタレーションルームでは、「家」を舞台に、映像と音声が錯綜する新作映像インスタレーションを発表。映像部分にはオーディションで選ばれたメンバーらが役者として参加し、高嶺のディレクションのもと、作品の一部となる(「Nice Body」)。8月末からは、土嚢や廃材を用いて、通常の「建築」概念では実現し得ないフォルムとプロセスで家を構築する過程をプロジェクト工房にて公開(「Good House」)。この土嚢の家作りにも一般募集した参加者が加わり、作家とともにひとつの造形空間を作り上げていく。

高嶺格 「Good House, Nice Body〜いい家・よい体」
会期:2010年4月29日(木・祝)〜2011年3月21日(月・祝)
時間:10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで)
休場日:月曜日
会場:金沢21世紀美術館
住所:石川県金沢市広坂1丁目2-1
TEL:076-220-2800
入場無料
https://www.kanazawa21.jp

Text: mariko takei

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
マナカ・プロジェクト
MoMA STORE