オールド・スクール

PLACEText: Yurie Hatano

ある小さな先見者のグループに計画があった。シンガポール、マウント・ソフィア地区に位置する元メソジスト・ガールズ・スクールを、アート活動を結びつける場所に変えること。そうして5人の先見者が、彼らの創造の能力のみならず、現代の都市カルチャーへの興味をもって結束する。アートと商業の関係を変えるため、また未来の創造性、伝統と現代性、機能性の開発のため、根強い好奇心と共に彼らは、伝統の流れに逆らって進んでいるのだった。
SHIFTは、その先見者グループ「オールド・スクール」に話を伺った。

オールド・スクール

まず「オールド・スクール」とは何でしょうか?

ニュー・スクールの思想家達のホームと定義されている「オールド・スクール」は、アート活動の結びつきに力をいれるクリエイティブ・スペースであり、創造の対話のための大動脈の一つです。現在は、従来の考えの流れに対向する勇敢な先見者達のホームとなっており、インスパイアされた異端者たちやクリエイター達が集まっています。

一階にアートギャラリーとカフェスペース、クリエイティブ・スタジオ、アーティスト・スタジオ、アート映画劇場を持ち、またゲリラ的なアートやポップカルチャーのイベントを開催するという混合的な使用開発をしていて、おもしろいアートフォームの展示スペースとしてだけでなく、交流や刺激のための場所でもあります。キュレーションやインタラクションの若い才能に向けたフリースペースとしても使われ、発見したりされたりするプラットホームです。

オールド・スクール
The Commons Event Space

元キリスト教主義女学校に注目したきっかけは何ですか?

元キリスト教主義女学校の校舎は、歴史的、建築的に豪華な建物の集まりでした。放棄の状態にあったその校舎に、私達は一目で魅力を感じました。また、中心アート地区に位置していることや、新しいアート学校へ通う近隣の人々、沢山のデザインやアートの学校や広場があるなどといったロケーションも完璧でした。すぐにその校舎を様々なクリエイティブ分野、クリエイティブアートの拠点とする機会を見つけました。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
アドリアン・M/クレール・B
MoMA STORE