平山昌尚 個展「1〜4」

NEWSText: Editor

© Masanao Hirayama

子供が描く落書きのような作風で知られる平山昌尚の個展「1〜4」が、東京・中目黒のアートギャラリー「VOILLD」(ヴォイルド)で、2月15日から3月1日にかけて開催される。

本展は、1から4までの数字をモチーフに、壁画、ドローイングなどの新作、約10点を発表する。単純にならんだ数字が、意味を持っているようにも、絵のようにも見えることで、作品のあり方に対しての問いかけとも捉える事ができる。過去に建築にも携わった経験のある平山が考えるこの構成は、展示という行為への訴えともなっており、過去の作品群の中でも皮肉で挑戦的な、またとないシリーズとなっている。

東京を拠点に絵画、ドローイング、パフォーマンスなど幅広く活動をする平山。シンプルな線で描かれたモチーフは、スマイルマークや、人、動物、紙幣など、日々の生活でよく目にするものが多く、それぞれに個性や遊び、絶妙な表情が巧妙に仕組まれている。そして時に、悪戯な言葉と絵が組み合わさり、誰もが経験のある何気ない出来事に、ジョークやシニカルな表現を通してスポットを当てる。

また、会場では、VOILLDと平山昌尚とのコラボレーションによるオリジナルの今治タオルやラグ、ブランケットなどの新作アイテムも販売される予定。

平山昌尚 個展「1〜4」
会期:2020年2月15日(土)~3月1日(日)
開廊時間:12:00〜19:00(月・火曜日休廊)
会場:VOILLD
住所:東京都目黒区青葉台3丁目18-10 カーサ青葉台B1F
TEL:03-6416-3972
入場無料
https://www.voilld.com

Text: Editor

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
iconiconMoMA EXCLUSIVE© YOKO ONO
MoMA STORE