NIKE 公式オンラインストア

清流の国ぎふ芸術祭アートアウォード「イン・ザ・キューブ」2020 作品募集

NEWSText: Editor

古来、豊かな自然に恵まれ、森林を源とする「清流」が県内をあまねく流れる岐阜県。里や街を潤すこの「清流」は、東濃の陶磁器、飛騨の木工芸、美濃和紙、関の刃物など匠の技を磨き、千有余年の歴史を誇る鵜飼などの伝統文化を育むとともに、新たな創造の源となっている。

ADVERTISEMENT

そんな岐阜県で、2017年に引き続き、想像力溢れる新たな才能の発掘と育成を目的に、革新的な企画公募展「清流の国ぎふ芸術祭 Art Award IN THE CUBE 2020」(アートアウォード イン・ザ・キューブ)の開催が決定、1月25日(金)から5月13日(月)まで作品募集が行なわれる。第二回のテーマは「記憶のゆくえ」。ジャンル、世代は問わず、作家、鑑賞者ともに、国際的な視野と今日の息吹を感じることができるトリエンナーレを目指している。

また、作品募集に先駆け、2019年1月から前回の入選作家、審査員と同展企画委員によるトークイベントが、東京、岐阜、名古屋、福岡、京都で開催される。公募に関する説明会も行われるので興味のある方は是非参加してほしい。

清流の国ぎふ芸術祭「Art Award IN THE CUBE 2020」クロストーク
■1月13日(日)東京(3331アーツ千代田) ミルク倉庫+ココナッツ (前回大賞作家)
■1月26日(土)岐阜(岐阜県図書館) 高嶺格 (審査員)、安野太郎、松本和子 (前回入選作家)
■2月9日(土)名古屋(愛知芸術文化センター) 藤森照信 (審査員)、耳のないマウス (前回入選作家)
■2月17日(日)福岡(イムズ) 川口隆夫 (審査員)、三枝愛、水無瀬翔 (前回入選作家)
■3月9日(土)京都(マテリアル京都) 篠原資明 (審査員)、中村潤、三木陽子 (前回入選作家)
※各会場の開演時間は、13:30〜15:30(東京のみ17:00〜19:00)*受付は開演30分前

清流の国ぎふ芸術祭「Art Award IN THE CUBE 2020」作品募集
応募期間:2019年1月25日(金)~5月13日(月)17:00必着
テーマ:記憶のゆくえ
作品条件:幅4.8m×奥行4.8m×高さ3.6mの空間(直方体のキューブ)内での展示作品
一次審査結果発表:2019年8月下旬
作品制作:2019年9月~2020年3月下旬
作品設置:2020年3月下旬~4月上旬
二次審査結果発表:2020年4月中旬
作品展示:2020年4月18日(土)~6月14日(日)*開館日50日間
賞金:大賞500万円(1点)、審査員賞100万円、入選賞金10万円(18点程度)
審査員:遠藤利克(彫刻家)、川口隆夫(ダンサー・パフォーマー)、篠原資明(詩人・美術評論家/高松市美術館館長)、高嶺格(美術家/秋田公立美術大学教授)、福岡伸一(生物学者/青山学院大学教授)、藤森照信(建築家/東京都江戸東京博物館館長)、村瀬恭子(画家/多摩美術大学教授)
審査料:5,000円(税込)
問合せ:058-272-8378(実行委員会事務局)

清流の国ぎふ芸術祭「Art Award IN THE CUBE 2020」
第二回テーマ:記憶のゆくえ
会期:2020年4月18日(土)~6月14日(日)*開館日50日間
会場:岐阜県美術館(岐阜市宇佐4丁目1-22)、岐阜県図書館(岐阜市宇佐4丁目2-1)
主催:清流の国ぎふ芸術祭 Art Award IN THE CUBE 実行委員会、岐阜県
http://art-award-gifu.jp

Text: Editor

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE