理由なき反抗展

NEWSText: Editor

© WATARI-UM

© WATARI-UM

ワタリウム美術館で、コレクションを中心に、15人の作家、約100点の作品を展示する企画展「理由なき反抗展 – I LOVE ART 14」が、4月7日から7月29日まで開催される。

ADVERTISEMENT

展覧会は、三部構成となっており、第1章「レジスタンス[抵抗]」では、ヨーゼフ・ボイス(ドイツ)、ナムジュン・パイク(韓国/アメリカ)、オノ・ヨーコ(日本)ジョン・ケージ(アメリカ)、ホワン・ヨンピン(中国/フランス)、竹川宣彰(日本)、第2章「デザイン革命」では、バックミンスター・フラー(アメリカ)、マックス・ビル(スイス)、アレクサンドル・ロトチェンコ(ロシア)の作品を展示、本展のタイトルともなっている第3章「理由なき反抗」では、アンディ・ウォーホル(アメリカ)、キース・ヘリング(アメリカ)、ギルバート&ジョージ(イギリス)、ロバート・メープルソープ(アメリカ)、BIEN(ビエン)(日本)の作品が展示される。

未だ閉塞感漂う2018年の日本において、『アーティストは、慣習、体制、権力、困難な状況といったものに抗い、闘う。アートの歴史とは、自由への闘いの歴史である』というステートメントの元、本展では、ワタリウム美術館コレクションからアーティストたちの生き方、闘い方から、何者にも屈しない自由への心や自由への闘い方を導き出そうという意欲的な試みだ。

また、会期中は、アートを見て学ぶワークショップや、平野太一初監督作品「STANDARD」の上映や、次回「あいちトリエンナーレ」の芸術監督・津田大介や本展出品作家の一人である竹川宣彰によるトークショーなど関連イベントも多数開催される。

理由なき反抗展 I LOVE ART 14
会期:2018年4月7日(土)〜7月29日(日)
開館時間:11:00〜19:00(毎週水曜日は21時まで延長)
休館日:月曜日(4月30日、7月16日は開館)
会場:ワタリウム美術館
住所:東京都渋谷区神宮前3-7-6
入場料:大人 1000円/学生[25 歳以下]800円
TEL:03-3402-3001
http://www.watarium.co.jp/exhibition/

Text: Editor

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE