アンドレアス・スロミンスキー 個展「グッド・ラック」

NEWSText: Ayumi Yakura

AS_Press1_ HorseShoe_rgbs

The Horse Shoe, 2017, plastic, rivets, 215 x 138 x 26 cm, © Andreas Slominski Courtesy of WAKO WORKS OF ART, Installation view at Museum Jorn, Silkeborg, Photo: Robert Schlossnickel

ドイツのアーティスト、アンドレアス・スロミンスキーによる、「馬蹄」や「聖母子像」など欧州の通俗的なラッキーチャームにまつわる題材を、トイレや水洗タンクに使われる簡素なポリエチレン製の素材でかたどった立体的なレリーフ作品を展示する新作個展が、六本木の「ワコウ・ワークス・オブ・アート」にて11月1日から12月2日まで開催される。

ADVERTISEMENT

スロミンスキーは1959年に西ドイツに生まれ、ベルリンとハンブルクを拠点に1980年代から彫刻作品やパフォーマンスの制作を続けており、ヨーロッパを中心にこれまで数多くの主要な現代美術館で個展を開催している。

今回展示される作品のタイトルには、それぞれ世俗の迷信や俗言、そして幸運と関わりの深い言葉が用いられ、無味乾燥とした素材に不可思議な類推を呼び込んでいる。慎重に選ばれたモチーフは謎掛けや隠喩に富み、意味を見出す/奪うという単純な駆け引きだけでは解決できない側面を作品にもたらしている。

Andreas Slominski “GOOOD LUCK”
会期:2017年11月1日(水)〜12月2日(土)
時間:11:00~19:00
休廊:日・月・祝日
会場:ワコウ・ワークス・オブ・アート
住所:東京都港区六本木6-6-9 ピラミデビル3F
TEL:03-6447-1820
http://www.wako-art.jp

Text: Ayumi Yakura

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE