ジュリアン・ローズフェルト展「マニフェスト」

NEWSText: Aya Shomura

Julian Rosefeldt "Manifesto", 2014/2015, © VG Bild-Kunst, Bonn 2015

Julian Rosefeldt “Manifesto”, 2014/2015, © VG Bild-Kunst, Bonn 2015

ベルリンのハンブルガーバンホフ現代美術館にてジュリアン・ローズフェルトの個展「マニフェスト」がスタートした。ローズフェルトは写真作品だけでなく、工夫を凝らした映像作品も有名である。彼のマニフェストに対する熱意は途絶えることなく今日まで続いており、今回の展覧会でもローズフェルトの新作インスタレーション・フィルム「マニフェスト」を展示。怒り、若さそして驚くべき潮流を捉えた言葉の数々がスクリーン上に響き渡る13作品となる。

ADVERTISEMENT

実際に彼は、フィリッポ・トンマーゾ・マリネッティ、トリスタン・ツァラ、カジミール・マレーヴィチ、アンドレ・ブレトンやジム・ジャームッシュなど数多くのアーティストや建築家、振付師や映画監督らの歴史的な発言をコラージュしてきた。それらの言葉は演劇や文学の持つ力を非常に明確にし、若者の活力や憤怒が彼らの声明文の中にしっかりと刻み込まれている。ローズフェルトはこの力を言葉のコラージュのなかに凝縮させたのだ。

手法は、様々な人物の言葉を背景とした13のモノローグ展開。過去の言葉や発言は、現在のローズフェルトの仕事や生活における興味関心に紐づいて切り貼りされ、今日の状況にあわせた新しいマニフェストとして女性の公衆演説や室内での独白として発信されている。その女性は、オーストラリア出身の女優ケイト・ブランシェットが一人で演じ切る。展覧会は7月10日まで。

ジュリアン・ローズフェルト展「Manifesto」
会期:2016年2月10日(水)〜7月10日(日)
時間:10:00~18:00(木曜日20:00まで、土曜・日曜日11:00から)
休館日:月曜日
会場:Hamburger Bahnhoff Contemporary Art Museum
住所:Invalidenstraße 50-51, 10557 Berlin
入場料:10ユーロ
TEL:+49 (0)30 266 424242
http://www.smb.museum/museen-und-einrichtungen/hamburger-bahnhof

Text: Aya Shomura

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE