ミントデザインズ「ハッピ・ピープル」

NEWSText: Satsuki Miyanishi

welcome to the doll house, Photo: NOGAWA Kasane

目まぐるしく移り変わる流行、それを支えるファストファッションの隆盛が顕著ないま、衣服の意味を問い直し、一貫したコンセプトでファッションを提案するクリエイターを紹介するシリーズ「フィロソフィカル・ファッション」が金沢21世紀美術館にて開催されている。その第三弾として「ミントデザインズ」を取り上げる。

ADVERTISEMENT

勝井北斗と八木奈央によるファッション・ブランド「ミントデザインズ」は、独自に開発するテキスタイルのユニークさを生かした衣服のデザインが注目されてきた。一方で、食器や家具、和菓子など、異業種とのコラボレーションにも積極的に取り組み、そのデザイン領域を拡大し続けています。衣服にとどまらず、日常生活の時間を豊かにするためのプロダクトデザインを目指す彼らの活動は、「流行」と同義ではない「ファッション」の可能性を提案している。この展覧会は、「ハッピ・ピープル」をテーマに、ミントデザインズの衣服を日常へ浸透させる実験。東京と金沢で暮らす人々が、それぞれの日常空間のなかでミントデザインズに出会う、その瞬間が展示される。12月7日には、関連プログラムとしてアーティスト・トークも開催される。

フィロソフィカル・ファッション 3:ミントデザインズ ‒ happy people
会期:2013年12月7日~2014年5月18日
時間:10:00〜18:00(月曜、年末年始休館、金・土曜は20:00まで)
会場:金沢21世紀美術館
住所:石川県金沢市広坂1丁目2番1号
TEL:076-220-2800
http://www.kanazawa21.jp

Text: Satsuki Miyanishi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE