CAFE IN MITO 2011 かかわりの色いろ

NEWSText: memi mizukami

茨城県水戸市にあるあの不思議なタワーを、3.11による震災時にニュース画面でよく目にした人は多かったのではないだろうか。あのタワーは水戸芸術館のメインシンボルだ。東日本大震災のため休館を余儀なくされていた同美術館が「CAFE in Mito 2011-かかわりの色いろ」展によって、活動を再開する。

ADVERTISEMENT

今回のCAFE in Mitoは震災後の社会状況を考慮に入れ、水戸芸術館現代美術ギャラリーを中心に展開する予定だ。開館以来20年間の歩みの中で出会ったアーティストや協働者による協力を得て、「人々がアートと出会い、アートを通して人と人とのつながりが生まれる場の創出」という原点に立ち返ることを目的とし、過去に同美術館と触れ合った作家や地域の人々などが心地良い気分でアートを楽しみながら、かかわりの場として機能する場所を提供する。

大巻伸嗣によるオープニングパフォーマンス「Memorial Rebirth」も注目したい。幾千万ものシャボン玉で幻想的な光の風景をつくりだすパフォーマンスは、人々に様々な想いを巡らせることだろう。大被害を受けたこの美術館による新しい一歩となる活動が始まった。参加作家など詳しい情報はサイトにて。

オープニングパフォーマンス:7月30日14:00~、17:30~

CAFE in Mito 2011-かかわりの色いろ
期 間:2011年7月30日(土) – 10月16日(日)
休廊日:月曜日(祝日の場合は翌日)
時 間:9:30~18:00
料 金:一般800円
会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー・広場
住所:茨城県水戸市五軒町1-6-8
問合せ:029-227-8111
webstaff@arttowermito.or.jp
http://www.arttowermito.or.jp

Text: memi mizukami

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE