5番チューブ再開発計画 VOL.6

NEWSText: mariko takei

ハニカムスラブ、チューブ、ダブルスキンの3つの要素によって構成されているせんだいメディアテークの建築。全部で13本あるチューブの、南東角の大きな階段のある5番チューブを、音響や映像による表現で有効活用していくシリーズ「 5番チューブ再開発計画」の第6弾が9月18日より展開される。参加アーティストは、石橋素と真鍋大度。身の回りの素朴な素材や現象に着目し、それらをコンピュータープログラミングや制御技術を駆使して、新たな体験を生む装置として再構成する。

ADVERTISEMENT

今回の新作「Depth of Field」では、市販のエアガンを使い鑑賞者の像が描き出される。作品は、5番チューブの1階部分と、エスカレーターの踊り場から見える部分の2箇所に展示される他、7階の5番チューブ周辺では、第13回文化庁メディア芸術祭受賞作品のダイジェスト映像が上映される。

5番チューブ再開発計画 Vol.6
会期:2010年9月18日〜12月26日
時間:11:00〜17:00(光のページェント点灯後は21:00まで)
会場:せんだいメディアテーク 5番チューブ内/7階5番チューブ周辺
住所:宮城県仙台市青葉区春日町2-1
TEL:022-713-4483
料金:無料
http://www.smt.jp

Text: mariko takei

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE