モノ・ジャパン

HAPPENINGText: Kiyomi Yui

0509
シーラカンス食堂, Photo: Hiroshi Ono / © MONO JAPAN

播州刃物のプロデュースをする「シーラカンス食堂」の小林新也氏は、沢山の種類の包丁やはさみを展示販売した。彼は、このフェアで包丁研ぎのワークショップをすることに強くこだわっていた。それは、正しくメンテナンスをしてよりよく使う方法を伝えることが、プロダクトの真の魅力を使い手に伝えることになると考えていたからだ。ワークショップ参加者の反応は非常によかったという。「できれば来年は、職人も連れてきたいと思います」と小林氏。今回の出展を通して「日本らしい誠実なものづくりを続けていくことの大切さを、再認識することができました」。

0078
兵庫県線香協同組合, Photo: Kiyomi Yui (Studio Flog) / © MONO JAPAN

一方で、B to B(ビジネス・トゥー・ビジネス)、B to C(ビジネス・トゥー・カスタマー)など、各出展者の狙いも、取り扱われた品目と同様に多岐に渡った。「兵庫県線香協同組合」は、エンドユーザーの生の反応に接して多くの発見があった。「フランス人とは違って、オランダ人はあまり強い香りを望んでいないように感じました」と言うのは、あわじ島の香司の宮脇氏。「お香は、その時々のシーンで使い分けることで、気分を整えたり、空間を演出したりできます。そんな香りを楽しむ習慣が、オランダではどのような人たちの間で、どれくらい浸透しているのか知りたいと思っていました」。熱心に鑑賞する人の中には、若いカップルの姿が多く見受けられていたが、このような「客層のばらつき」を見ることができるのも、業者が来場者の大半を占める大型フェアとの違いだろう。

0004
Based on Roots, Photo: Kiyomi Yui (Studio Flog) / © MONO JAPAN

ベースト・オン・ルーツ」は、日本製のデザイン小物を中心に取り扱うオランダの販売業者だ。主宰者の一人コニー・バウマン氏は、「マルチカルチュラルな街アムステルダムにある、文化発信の役目を担うロイドホテルで開催されたモノ・ジャパンは、どんな国や街でも再現できるようなイベントではないと感じました」と、それぞれの要素の相性が非常によかったことを強調した。「ミラノやパリで行われている大規模なフェアは必要不可欠ですが、モノ・ジャパンのような文化交流とビジネスのバランス感があるイベントには、また異なる意義があると思います」。

0590
C&, Photo: Hiroshi Ono / © MONO JAPAN

1990年代前半、「ダッチ・デザイン」は一躍世界の注目を集めて、大きなデザインムーブメントになった。その特徴は、プロダクトの存在意義から問い直すような極めて概念的なアプローチで、一見すると日本のデザイン文化とは対極の性質だ。けれども(当時驚いたオランダ人も多いと思うが)、この「ダッチ・デザイン」は、特に日本で大人気を博し、深く愛されたのである。表現の方向性は全く違っていても、両者のデザイン文化にはたくさんの共通の価値観がある。簡潔さを好む美意識や、経年変化を愛でる感性、ものが持つ歴史や物語を重視する価値観などだ。オランダ人が、抵抗なく日本のプロダクトと心を通わせられるのはそのためだろうと思う。

日本のものだけを集めるというこれまでにありそうでなかったコンセプトは、実は多くの人々が待ち望んでいたフェアの形だったに違いない。そして、オランダ人出展者の言葉を借りれば、アムステルダム、ロイドホテル、JCEの絶妙な相性も、このイベントの実現には不可欠な要素だった。売り、買うだけではなく、デザインを介した文化交流の場として多くの人々をインスパイアしたモノ・ジャパンは、この街の新しい伝統としてこれからも回を重ねていくことになるだろう。第2回目の準備は、既にスタートしている。

MONO JAPAN -Japanese Craft & Design-
会期:2016年2月4日(木)~2月7日(日)※4日はプロとプレス限定入場
時間:11:00~18:00
会場:Lloyd Hotel & Cultural Embassy
住所:Oostelijke Handelskade 34, 1019 BN Amsterdam
出展:大山製茶園(長崎)、岡本屋門左衛門(奈良・兵庫)、Kyoto Craft Session(京都)、C&(東京・長崎)、シーラカンス食堂(兵庫)、Studio 仕組 + 森一朗(東京・岡山)、TIME & STYLE(東京)、宝島染工(福岡)、Takumi Craftwork(オランダ)、Taguchi Craftec(神奈川)、tamaki niime(兵庫)、ひひひ(鹿児島)、兵庫県線香協同組合(兵庫)、BLUEVOX!(東京)、Based on Roots(オランダ)、Misc-Store(オランダ)、山の形(東京)、List:(長崎)
主催団体:JCE
共催:Lloyd Hotel & Cultural Embassy、Luftzug
協力:オランダ王国大使館、DutchCulture(Holland Kyushu)、’t Japans Cultureel Centrum
協賛:Amsterdam inBusiness
http://www.monojapan.nl

Text: Kiyomi Yui

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE