‏キングス・オブ・サマー

THINGSText: Takashi Ichikawa

9月19日土曜日、東京都中野駅から徒歩5分ほどにあるなかの芸能小劇場にて行われたのは、日本では未公開の映画に日本語字幕を付けて上映するというイベント。このイベントを主催したのは、Gucchi’s Free School(グッチーズ・フリースクール)という団体で、その団体については後ほど触れることにする。

ks02
映画「キングス・オブ・サマー」パンフレット表紙 © Gucchi’s Free School

‏上映されたのは、2013年のサンダンス映画祭でも評価の高かった、ジョーダン・フォークト=ロバーツ監督の「The Kings of Summer」(キングス・オブ・サマー)。親とのコミュニケーションが煩わしくも感じる思春期、反抗期真っ只中の少年達が、自分たちの自立と大人への階段を上るため、森に1軒の秘密基地を造ろうと一念発起する。彼らが秘密基地を完成させ、自然の中で生活していくうちに、自分たちの友情とほのかな未熟さを通じ成長していく青春コメディ映画。

ks04
映画「キングス・オブ・サマー」より © Gucchi’s Free School

‏登場人物同士の友情、愛情、恋愛、そして、早く大人になりたいという若かりし頃の純粋な気持ち、一つ一つの感情が観ている側の青春との共通事項を持ちやすい事柄ばかりで、感情がシンクロしてどんどん入り込むことができる。

‏また、作品の中で交わされる登場人物の掛け合いや様々な笑いの要素が、とても日本人の笑いのツボにあっていて、上映中もところどころで観客から笑い声が上がっていた。コメディ映画とはいえどお笑い一辺倒に走らず、少年達が森を散策するシーンは8ビット系ファミコンサウンドが流れていたり、感情を表現する演出がとても豊かで観客もぐいぐいと引き込まれていく。

ks01
映画「キングス・オブ・サマー」より © Gucchi’s Free School

主人公ジョーを演じるニック・ロビンソンは今年公開された「ジュラシック・ワールド」にも出演している注目次世代スターだ。
‏監督であるジョーダンはこの映画が初の長編映画デビューの作品であり、今後は、日本発のテレビゲーム「メタルギアソリッド」の実写映画版の監督をすると噂されている若手監督である。彼が本当にテレビゲーム好きなんだということは本人のホームページの雰囲気を観ても、この映画を通じても感じ取ることができる。

ks03
映画「キングス・オブ・サマー」より © Gucchi’s Free School

‏こういった傑作映画が日本では上映されていないことに驚きを感じつつも、同時に、まだまだこういった日本未上映の名作映画があると思わせてくれる、イベントの主催者には、感謝の意とこれから取り上げる作品にも期待せずにはいられない。

‏今回のイベントの主催者であるグッチーズ・フリースクールについて少し紹介をさせていただく。メンバーは学生や普段は仕事をしている社会人などで構成された6名(イベント開催時は8名)。彼らは日本では未公開、DVD発売されていない海外の映画をジャンル関係なく幅広く取り扱い、自身のウェブサイトで紹介し、さらに年に数回、日本では未公開の映画に日本語字幕を付けて上映するイベントを企画、運営している。過去にはデヴィッド・ロバート・ミッチェル監督の「The Myth of The American Sleepover」(アメリカン・スリープオーバー)を上映し、今回のイベントでは「The Kings of Summer」、「Wet Hot American Summer」(ウェット・ホット・アメリカン・サマー)を上映した。

‏イベントは今回のように劇場で行われるものだけでなく、倉庫にソファを並べて鑑賞するような一風変わった上映も行っている。
‏イベントのチケット料には練りに練って作成された、映画を多面的に分析したパンフレットの代金も含まれており、映画上映後にはゲストを交えてトークショーが開催されるのも特徴的だ。

‏近年、日本では未公開の映画をインターネットで簡単に見つけることができるようになったが、それらは日本語字幕がないため、外国語に通じていないと物語のあらすじも良く分からない。そこで注目作や良作を見つけて詳細なあらすじを紹介するサイトがあればよいのではないかと知り合い同士で話し合って、設立するに至ったという。彼らが扱ってきた、もしくは、今後扱っていく映画は基本的には「自分たちが観たいもの」を基準に選定していくようだが、今回の映画のように非常に満足度の高い映画を選定するあたり、今後、彼らが選ぶ映画にも大きく期待が持てる。映画の選定からパンフレット作りなどすべて自分達で作成していくのには毎回試行錯誤しているようだが、自分達のイベントを通じて参加者が様々な興味への触手を広げていけるように、ささやかながらサポートしていきたいという思いで活動をしているという。

Kings-of-summer-movie
作品タイトル:『キングス・オブ・サマー』
制作年:2013年
製作会社:ビッグ・ビーチ・フィルムズ、ロー・スパーク・フィルムズ(アメリカ)
その他:95分/シネマコープ/カラー
上映会企画/運営:グッチーズ・フリースクール

Text: Takashi Ichikawa

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE