ルーブル・ランス

PLACEText: Valerie Douniaux

ルーブル・ランスはグローバル・ルーブル・プロジェクトの第一弾であり、世界的に有名なルーブル美術館のもう一つの分館がアブダビにできる以前からのものだ。フランスの有名な美術館が従属的なスペースをパリの外に置いたとしてものとしてはメッスにあるポンピドゥー・センターの別館に次いで2番目となっていて、どちらも大きな成功を収めている。ルーブル・ランスは2012年12月4日にオープンし、それからまもなく当初の予想を超える非常に多くの来訪者を獲得した。

Louvre-Lens

ルーブル・ランスはフランス北部の都市であるランスにあった採炭場の跡地に建てられている。最後の採掘が終了してからもランスは長い間経済と政治に関する難しい状況に耐えており、例えばリヴァプールにあるテートやビルバオにあるグッゲンハイム美術館などのように、土地改造と地域のイメージを現代化する動きを起こすことを狙いとしている。

大本であるルーブル美術館が二流的な展示空間とはかけ離れているため、ルーブル・ランスではパリジャン・ルーブルのコレクションから丁寧に選び抜かれた作品群を展示する。これらはルーブル・ランスへ中~長期間を基準として貸し出されており、オープニング展覧会ではラファエロの「バルダッサーレ・カスティリオーネの肖像」やウジェーヌ・ドラクロワの「民衆を導く自由の女神」が紹介された。(最後の作品は、2013年2月7日に正気でない女性が黒いマーカーでAE911と殴り書きしてしまった。幸いにも彼女は絵画の状態が大事に至る前に引き離された)

Louvre%20L%20SANAA%2012-12%202294.jpg1240-03.jpg1240-10.jpg

ルーブル・ランスの建物は「SANAA」(妹島和世+西沢立衛)が手がけたもので、アメリカの建築キャビネットであるイムレー・カルバート・アーキテクトとフランスの景観建築家のキャサリン・モースバッハとのコラボレーションによるものだ。後者は建物を取り囲む庭園を制作し、その大部分が今なお発展中である。この建物の構造は同じくSANAAの手がけた金沢21世紀美術館を大いに思い起こさせるが、より大規模で、鉱山であったこの場所の過去にじかに関連して企画展のギャラリーは地下に作られている。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
MoMA STORE