チャン・シー

PEOPLEText: Michael Sullivan

ロンドンカレッジ・オブ・ファッションを2012年に卒業したチャン・シーのデザインはユニークで、見る側を考えさせる作品が多い。色々なアイディアのもと表現されたハグ・ミーは、ファッション界を騒然とさせた。強烈なメッセージ力がある彼のコレクションは、カラフルでありながら心地よい情景を思い起こさせると同時に、孤独とその深い感情をも感じさせる。ファッション界のニューフェイスである彼に、デザインに対する想いや、仕事についてお話を伺った。

Si Chan

デザインする上で気にかけている事は何ですか?

最近のファッションは無作為に発展途上国の自然や人々を利用しています。長時間労働で信じられないほどの低賃金で働く労働者がいて、より安い服が出回っています。また布工場は低コストを目指すがために、環境汚染や健康問題など後を絶ちません(この問題はその他産業も同様です)。欲望を満たすための代償です。低ロットでの生産には、創造力、品質、価値、製品のユニークさなど維持だけではなく、環境への影響に配慮した責任あるやり方で生産しなければなりません。人々が上質な服を選びながらも処分しやすい安い服を買うことを続ける限り、大量生産も同様です。この方法は社会的文化の向上と、地球への行動を少しでも改善できると思います。これが将来的な自分のファッションデザインにおける小さな野望です。

si_chan7.jpg

デザイナーであるために何がモチベーションとなっていますか?

何がモチベーションになっているのかはっきりとはわかりません。ただ、音楽を聞いているときにイメージやカラーが頭に浮かんできます。ミュージシャンが歌っているとき、どんなパフォーマンスや衣装が曲にマッチするかを無意識に考え始めます。これはオリジナルのアイディアを始めるときの方法です。(実際、それはコスチュームデザインになるのですが、私がしているのはデザインという大げさなものではありません)。そうやってパフォーマンス、ストーリー、スタイルや服の多くのアイディアが閃き続けるのです。私がファッションデザインに携わるのは、壮大な野望があるからではないのです。そのアイディアを現実にしなければ無駄になってしまうから、という理由です。アイディアは常にあります。他の才能は自分にはないからかもしれません(笑)。

inspiration%20si%20chan.jpg

2012年のコレクションのインスピレーションは何ですか?際立っているのは手のモチーフですが、そこにはどんな想いがありますか?

デザイン・インスピレーションは、子供の頃の思い出や、寂しさから来ています。ご覧の通り全てカラフルで、詰め物を入れた服は皆をハッピーに、心地よく、そして守られているように感じさせます。手のオブジェクトは、都会の人々と彼らの欠乏と欲望の繋がりの抽象的な概念を表しています。当然、ごく一部の人にはコレクションが病的で気持ち悪く映るでしょう。実際、都会の人はある程度こんな感じですし、僕もそんな感じです。

si_chan5.jpg

特に「ハグ」をテーマに表現されていますね。「ハグ」をとても大切に思っているのですか?またこのような人の行為をファッションに取り込む事は難しかったですか?

そうです。ハグは重要なコミュニケーションの一つです。コミュニケーションは誰にとっても大変重要ですが、最近は不足しがちです。もしも人に対する思いやりが一切必要ないとすれば、あなたが何を欲しているのか考えるのはとても簡単です。だから今回のコレクションはまだあまりにも主観的でネイティブだと感じていて、全く満足していません。
このコレクションは制作段階での自分の能力とセンスを反映しています。ですからコレクションを思い出すと不満と恥ずかしさを感じてしまうのですが、それは少しずつ成長しているということですよね?

si_chan.jpg

「ハグ・ミー・ジャケット」は特に好評でした。この理由は、多くの人が声に出さず望んでいることであり、彼らがハグを必要としているからでしょうか?

実際、ジャケットの反響はすごいです。一部では評価されますが、大半は笑われています。僕はジャケットが好きで良かったなと思います。多くの人たちが僕のデザインをサポートしてくれるのか、なじるかに関わらず、それは僕にとってじっくりと考えるためのエネルギーになります。抱きしめられるのが好きな人もいればそうでない人もいます。ですがほとんどの人が守られ、愛される事を望んでいると思います。
誰しも欠陥を持って生まれてきて、私たちはそれを補い合い、そこから学んで行くのです。先に述べたように、最近の私たちの生活は物であふれています。そのため街でのコミュニケーションは減少し、会話をあえてしない生活になっている。しかし、気にして欲しい、大切にして欲しいという本当の望みは変わらないのです。これが、現代の様々な問題の理由の一つだと思います。全てが当たり前ではありません。愛を望むのであればそれをつかみ、大切にする事です。

si_chan2.jpg

今年のデザインについて詳しく教えて頂けますか?

大学院課程のための、新たなコレクションを検討しています。次回のコレクションは、より身につけやすく、耐久性と機能性を持ち合わせた作品を企画しています。コレクションは宗教、人、世界についての概念的な要素をプラスし、伝統的な紳士服やその仕立てなどの要素を取り入れています。また自分のためだけの作品ではないという意識で、できるだけ様々なアングルで考えていこうと思っています。メインの目的である個人的なスタイルを失わずに、違った要素のバランスを模索します。この作品が様々な人から評価され、影響を与えられれば嬉しいです。

si_chan9.jpg

服をデザインする上で最も大切にしている事は何ですか?

これまでは、デザインとは独創性さえあれば良いと思っていて独創性の度合いも、とにかく高すぎました。(ハグ・ミー・コレクションのように)。もちろん今も独創的なアイディアは大切だと思っていますが、美しさ、実用性、技術、コンセプトの表現、個人的なスタイルのような他の要素も大事にしています。以前はデザインと実用性について考えることが不足していたことを自覚し、今はいろんな要素をバランスよく保ち、良い作品を作りたいと思っています。実際、質の高い服を多くの人に支持されます。たとえ僕が何を表現したいかが伝わらなくてもそれを欲しいと思ってくれるのです。

si_chan8.jpg

「ファッションとは何か?」の答えは何だと思いますか?

この質問は「人生とは何か?」、「アートとは何か?」、「椅子とは?」といった質問と似ています。この瞬間にも様々な答えが出ているかもしれません。でもその答えは、1年、いやたった1秒で変化するかもしれず、全く意味がありません。変化し続ける物質と時間は、単に音の響きに過ぎず、全てにおいて定義はありません。この世には何千もの人々、何千もの価値があります。他人に興味がない人々は、「(私の)ファッションとは何か?」と聞くかもしれません。もちろん、私は他人の考えを聞くことが大好きです。あなたの質問に対してこう答えるでしょう。「私の人生を通してその答えを探しています。」と。ファッションが、とりわけ私の人生にとって重要だからではなく、答えというのはただの短い音節ではなく、いつも全てを表しているからです。

si%20chan10.jpg

あなたは普段、どんな服を着るのですか?

僕の服装は4色で、ネイビー、グレイ、黒と白で、お洒落ではないですね。服は気持ちよく、クラシカルで、丈夫で機能的なのが何よりで、メガネや靴下のようなアイテムをプラスすることで個性的でスタイリッシュになります。

si_chan6.jpg

日本のオーディエンス/読者にメッセージをお願いします。

実は、僕は子供の頃からとにかくマンガやアニメーションなどのジャパニーズカルチャーにとても影響を受けています。成長するにつれ、たくさんの日本映画も観ましたし、村上春樹小説も大好きです。あと、好きなミュージシャンはワールド・エンド・ガールフレンド。ファッションでは、コムデギャルソン、ジュンヤ・ワタナベ、アンダーカバー、アンリアレイジなど、日本には最高のカルチャーがあります。日本には多くの長所、そしてもちろん欠点もあります。それは紛れも無く強い創造力と色濃い文化です。僕は自分の美学への道筋に影響を与えてくれた日本文化に心から感謝しています。カルチャーやテクノロジーなど創造的で注目すべき産業が、政治問題や過度の資本主義の影響を受けないよう心から願っています。Keep Going!

Text: Michael Sullivan

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE